スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻歌を歌いながら・・・。

AM9:55
台所へ行くと、母親が用も無いのに近づいてくる。
鼻歌を歌いながら・・・。
ドア越しだが、油断していて反撃出来なかった。
嫌がらせを指摘した場合、完全否定する為
独り言での反撃スタイルとなる。

AM10:23
走る魚屋の音声送信。
声帯振動で「ウーウー」としばらくやっていると、静かになった。

AM10:34
走る魚屋の音声送信。

AM10:39
救急車サイレン音の音声送信。
バイク通過を装った音声送信。すぐ消えて不自然。

AM10:50
救急車サイレン音の音声送信。

AM10:52
バイク通過を装った音声送信。

PM4:21
また、隣家加害者がフローリングの床を走り回る。
子供の足音だ。

PM7:17
また、隣家加害者がフローリングの床を走り回る。
子供の足音だ。

PM11:02、PM11:07
両目の傷み。電気的な感じ。
隣家加害者による電磁波工作だろう。


対向手段がないため、過去の隣家加害者の画像を使う。
20100414_m23h.jpg
20100822_1814m11.jpg

スポンサーサイト

コメントに応えてシリーズ その5*倉良一さん*


コメントに応えてシリーズ その5*倉良一さん*


**********「倉良一」さんのブログより抜粋**********

コメントに応えてシリーズ その5
コメントをお寄せ頂き、誠にありがとうございます。本日は、「3月18日 創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3」へのコメントに対

する御礼を申し上げます。

長文となりますが、最後までご覧頂ければ幸いです。

***************************

» 拝見させて戴きました
真摯な思いで、拝見させて戴きました。

裁判的な文言は日常会話と異なり、なじみが薄いです。
もちろん、内容は充分に理解できるのですが
その文言・一文一句に込められた「思い」が大切だと思います。

何度か繰り返し読み、倉様のお気持ちに片鱗でも触れたい!
そして、心で理解すべく拝見したい!

そんなふうに思っています。

貴ブログが一人でも多くの方々の目にとまりますように!
一人でも多くの方々に「真実」が伝わりますように!

3月の夜空を見上げながら、心から祈ります。
kan 2011/03/19(Sat)01:05:28 編集

***************************

いちじく様

 コメントありがとうございました。この裁判を通して、創価学会池田カルト一派の本質を明らかにするつもりです。

真実が明らかになれば、多くの学会員が覚醒するはずです。一人でも多くの方々に、このブログと裁判のことを伝えて頂ければ幸いです。
                      希望

****************************

» 誰が読んでも高倉先生の主張は道理に叶っていると思います
何度も読み返しました。
涙があふれてきました。
ここに至るまでのお気持ちを察します。
高倉先生には創価の一握りの権力者に比べものにならないくらい多くの常識ある人たちがついています。
この裁判の勝利は高倉先生のみならず多くの学会員の為、否日本の為でもあります。
くれぐれもお身体を大切に、勝利を切に祈っています。
いちじく 2011/03/19(Sat)04:19:40 編集

*****************************

» 労災認定
大手企業に対してうつ病解雇の労災認定の訴訟をしていた女性の方がブログで訴訟過程を公開していました。
初の勝利の結果がでました。
独断ですが、ブログは勝利の決めてになるような気がしてなりません。
何度も出没して申し訳ありません。
いちじく 2011/03/19(Sat)04:45:53 編集

*****************************

いちじく様

 労災認定訴訟に関するブログのことは、存じませんでした。貴重な情報提供ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。
                         希望

*****************************

» 和解
別掲示板で和解の可能性について述べられていましたが、裁判を起こした時点でトーンダウンというのもありかなと思う気持ちもあります。
元公明党委員長も聖教新聞で罵倒されていましたが、裁判を起こした時点であっさり引いていましたね。
素人判断ですが、一個人に対しては強者のおごりがでるけど公の場合はすごすごと引きそうですね。
いちじく 2011/03/19(Sat)14:01:45 編集

****************************

いちじく様

 創価学会池田カルト一派は、自らが返り血を浴びると判断したら、即座に和解を持ちかけるかもしれません。

しかしながら、そうは問屋が卸しません。裁判の展開を楽しみになさって置いて下さい。
                   希望

*****************************

» ブログランキングバナー
クリックしても画面がでないようです。
いちじく 2011/03/19(Sat)18:02:40 編集

*****************************

いちじく様

 お知らせありがとうございました。
                    希望

*****************************

» ありがとうございます
kan様

 コメント、ありがとうございます。いずれ、このブログで、私が作成した陳述書を掲載する予定です。

 陳述書では、訴状や準備書面のような法律用語は記載しませんので、お読みになり易いのではないかと存じます。

いちじく様

 コメントを沢山お寄せ頂き、誠にありがとうございます。これからも、どんどん投稿なさって頂ければ幸いです。

 ところで、労災認定の方のブログのULRをお知らせ頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

 それから、ブログランキングの件、ご指摘ありがとうございました。点検してみます。

シネマ大好き娘様

 コメント、ありがとうございました。私の生命の安全を確保するという意味からも、このブログのことを一人でも多くの方々にご案内頂ければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。
希望 2011/03/19(Sat)18:16:06 編集

******************************

» 裁判ブログ
うつ病患者の裁判しながら日記を検索してみてください。
一部係争中でしたが、テレビで初の勝利で報道されていました。
いちじく 2011/03/19(Sat)21:50:56 編集

*******************************

» 学会家庭は悲しいことが多すぎる
以前、ある夫婦で夫が未入会、妻が学会員でやはり学会活動や財務のことでうまくいかないという話をネットで見ました。
夫の方が投稿されていたのですが、夫婦の話し合いもなく子供を連れて妻は他の学会員の家に行ってしまい、倉様と同じく学会が主導で離婚を進められたと。
なぜ夫婦の問題に学会が入ってくるのかと、そして相談に乗ってくれていた役所の相談員も相手が学会だと知るやいなや「あそこはホラ、すぐ訴訟起こすから…」と尻込みしてしまったと嘆いておられました。
それまでは役所の相談に乗ってくれていた人は、このケースは妻が一方的過ぎるとして絶対に子供は取り返せる、と力強く相談に乗ってくれていたのにです。
倉様の今回の記事を拝見し、創価学会においてこのような家庭は珍しくないのだと改めて実感しました。

私が一番ひっかかったのは、奥様の財務の考え方です。
なぜ池田氏を悪く言った「お詫び」が財務に繋がるのでしょう。
お金で罪が軽くなるのですか。それだと裕福な人だけが救われるのではありませんか。
創価学会はそんな方法を認めて推奨しているのだと、自ら実践していることになります。
学会員の方が財務するのは「広宣流布」のためではなかったのでしょうか。
それが「悪く言ったからお金あげる」のならば、言われた方(池田氏)は「お金くれるんなら許す」と思うと、奥様は考えているわけになります。

仮に池田氏を師匠と仰ぎ、偉大な人物と捉えているならば、それらの行為は逆に侮辱に値するでしょう。
お金で解決する浅ましい人物である、と。
きっと学会の中の環境が財務という形を促しているんでしょうが、それならそれでやはり裕福な人間しか救われないという、大変な差別的宗教であるといわざるを得ません。
奥様は資産家であられるということですが、そうやって支払えるものを持っているということが、これらの学会の問題点に目が行かない残念な要素になってしまっているかと思います。
実際に知り合いでもない方の奥様に対して失礼かもしれませんが、そう感じました。

また〈その三、被告らの不法行為のまとめ〉にあります、「夫婦といえどもそれぞれ信仰の自由があり、~」というのは全くその通りです。
なぜならば私の家もそうだからです。
私の母親は熱心な学会員ですが、父親は学会が大嫌いです。
学会の問題で衝突することも度々ありました。
幸いとは言えませんが、それ以外の衝突も多かったので子供達は「学会のせいで…」とは思わなかったのですが。

しかし家族でお互いの信仰観の相違を認められないのは、いつも創価学会側です。
学会は独善で排他的だから、そう切り捨ててしまうには、家族の絆はあまりにも胸に残ります。
宗教に家族を奪われることなど、あってはならないのです。

永遠の指導者でもあり二代目会長の戸田氏は「財務は気持ちよくしないといけない」と指導しました。
また「お金のかかる宗教は邪教だ」とも。
倉様が学会に疑問を持ち、ユニセフに寄付したというのはこの二代目会長の指導には何ら反していないはずです。
学会に寄付するのが「気持ちいい」とは思えなかったのですから。
それは倉様に問題があったのではなく、学会側が解決すべき問題であったはずです。

長々ととりとめもなく書いてしまいましたが、これからも倉様の戦いを応援しています。
季節の変わり目です。どうかお体にお気をつけて。
クロ URL 2011/03/20(Sun)13:20:28 編集

*****************************

クロ様

 長文のコメント、ありがとうございました。

 クロ様のコメントは、改めて、このブログの本文で掲載させて頂きたく存じます。

 とともに、私の妻にも、印刷して郵送したいと思います。

今後とも、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。
                       希望

******************************

» 心より応援いたします。
はじめまして。大阪で熱心に活動してきた会員です。私も高倉先生とまったく同じ考えで平成16年より財務をやめました。脱会はとどまっておりますが(親の気持ちを思う一点のみです)新聞等も一切ストップしました。
創価学会の婦人部は「全財産を財務する人が最高に福運をつめる云々」というキャンペーンをはり続けてきました。財務ができない人≒ダメな人。子供にも福運がつかない。財務をしないとまるで不幸になってしまうというマインドコントロールを教学をつかいじわじわと心理作戦を日々行います。選挙活動も全く同じですね・・・。そのやり方は冷静に考えれば恐ろしい限りなんです。
こんなひどい組織。ありえません。
一日も早く創価学会の方々が賢明は判断をし、どういう組織であるのかを真剣に考えなくてはなりません。
私も微力ながら自分ができることをしていこうと思っています。

どうかお体にはお気をつけてがんばってください。
本当に心から応援しております。

かれん 2011/03/20(Sun)18:21:09 編集

******************************

かれん様

 コメントありがとうございました。創価学会池田カルト一派の本質を見抜かれたことに、心より敬意を表します。

 かれん様のコメントを拝読し、現在、妻から起こされている離婚裁判に置いて、財務のことに関する陳述書を提出しなければと思い至りました。その陳述書には、クロ様とかれん様のコメントを引用させて頂こうと思います。

 なお、私は、妻と離婚するつもりは全くありません。妻と子どもたちを、創価学会池田カルト一派から奪還すべく闘い抜きます。                              
                     希望

***************************

» 頑張って下さい
心より応援しております。
まさに巨悪との対決に多くの困難が待ち受けていることと想像します。強い気持ちで立ち向かわれるよう頑張って下さい。
Ike 2011/03/20(Sun)19:45:43 編集

****************************

Ike様

 応援のコメント、ありがとうございました。

 強い強い人間となるべく精進して参ります。今後とも何卒よろしくおねがい申し上げます。

                       希望

****************************


**********「倉良一」さんのブログより抜粋**********



詳細は以下のサイトへどうぞ・・・。

白バラ通信 パンドラの箱 2011年04月30日
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Date/20110430/1/

法曹界は信じられません*「宮本まりね」さん *


法曹界は信じられません*「宮本まりね」さん *
http://groups.google.com/group/kyuudan/browse_thread/thread/4597ee3bbbaeeced?hl=ja

出来レース。
猿芝居。
集スト犯罪と全く同じだ。

この事実を多くのヒトに伝えて下さい。
現在の、新聞・テレビが真実を伝えていると信じているヒトに。


******「法務・検察の闇を斬る」より抜粋******

差出人: ashitano...@docomo.ne.jp
日付: Thu, 28 Apr 2011 23:46:59 +0900 (JST)
ローカル: 2011年4月28日(木) 午後11:46
件名: 法曹界は信じられません

私は事故や裁判の不正がらみで8つの裁判を起こし全て出来レースをされて負けた経験から、今の法曹界は検察審査会も含め腐っていると気づきました。
   
1 事の始まりは、2006年9月2日Am 5:30に三重県桑名市のガソリンスタンド宇佐美の出口での事故でした。

2 私が出口で一旦停止したら、右斜め後方から20tトラックが近づいて来たので即クラクションを鳴らしたが、気付かず中日運輸の丸井隆治は一旦停止もせずそのまま­国道に左折で出た為、巻き込まれ私の車の右前タイヤと右ミラーが破損しフロントフェンダーがめくれました

3 丸井は警察にタコグラフを見せて70キロでぶつかったのか?と聞かれた会話がリサーチの記録に残っていたのを後日発見しました

4 私の保険会社、東京海上の高桑一哲氏は、相手の保険会社(三重県交通共済、内田氏)からの言い分は「丸井の過失はゼロ」と主張し双方0-100を主張していて折­り合わないと言ったのです。左折巻込した側が過失0なんて有り得ないと抗議しましたが暫く放置されました。プロ(しかも当時鈴鹿営業所所長)とは思えない対応で­した。

5 高桑氏から調査会社の損害保険リサーチ介入を勧められ、四日市営業所の田中幹朗氏が調査に来ましたが中日の肩ばかり持ち結局「調査の結果どちらが真実を言ってい­るか分からない」というあり得ない結果で報告書さえその時は一切もらえませんでした。

6 そのまま放置された私は市の無料相談所に行き、たまたま当日担当だった板垣謙太郎弁護士に相談したら少額訴訟を勧められ自分で起こしましたら中日の顧問弁護士の­伊藤友一氏から通常裁判に切り替えられ、高桑は、物損は入っていたからついでだからと弁護士をつけてくれたのが偶然にも板垣氏でした。

7 私も裁判に参加したいと言うと板垣氏は「じゃ俺は降りる」と脅かしたり、私にすぐ見せるべきリサーチの報告書をしばらく隠していたり本人尋問でも事前にfaxで頼んであった厳しい質問は全くしてくれなかったり等不自然なことばかりでした。そしてその後板垣から届いた書類は斎藤研一郎裁判官の­出した、たった2枚の和解案のみでした。内容は私の目の前で10秒以上も一旦停止していたトラックにわざわざ私が斜め後ろから巻き込まれに近づいた為に起きた事­故だから、50-50だという内容でそこにはそう結論に至った理由も証拠も一切書かれていませんでした。私が失神でもしていない限りあり得ない形態です。なのに­こんな和解案を板垣氏はしきりに飲むように勧めるので 私は他にも書類があるはずだから送ってと頼みました

8 渋々送ってきた書類3通は捏造だらけでした。  
①リサーチ作成の目撃者聴取書
②伊藤の最後の準備書面 
③板垣の最後の準備書面
この全ての存在を、板垣も伊藤も斎藤までもが明らかに私に最後まで隠し通すつもりだったのです
①には宇佐美のバイトの渡辺の証言が有り「トラックが一旦停止したのを見た」と2回も答えた事になっていましたが嘘です
中日は何が何でも丸井が一旦停止した事にしたかったみたいです。更によく読むとバイトのM氏の証言は遠回しではあるが100%私よりも丸井の方が先に国道手前に­着いていたと証言していた。こんなに重大な証言を関係者が本人尋問でも和解案でも一切触れなかったのは、それが捏造だから私に余り知られたくなかったからつまり­全員グルだった証拠です。
更に② には「目撃者渡辺の証言とも一致する」と言う表現が数え切れない程有りました。①~③は私に隠す約束だったから最後のギリギリまで伏せていたのでしょう
更に③には明らかに私の方が後から現場に向かったと思わせる捏造まで有りました。
更に私がトラックの後ろから突っ込んだと仮定して読むとピッタリはまる主張にアレンジされていたのです。
私は板垣を解雇し自分で証拠集めをしました。渡辺を少しビビらし「トラックの完全停止は無かった」と言う陳述書を貰いました。
M氏にも会って①の内容はすべて嘘で事実はこうだった」と言う陳述書を何枚か貰いましたがM氏は「そもそもリサーチの田中と会ったこともない」

と言ったのです
私は田中の顔写真を撮りに行ったら必至で顔を隠され110番までされましたが、何とか撮ってM氏に見せましたがやはり会った事がないとの事でした。

9 どんなに証拠を並べても斎藤裁判官の出した判決は和解案と同じ内容と割合の50-50 で判決理由は目茶苦茶でした。私は自分で控訴しました。

10 二審の裁判で高田健一裁判長は、当初即結審したのに、私が斎藤と双方の弁護士を訴えた事を報告すると突然結審を取り消し期日を何度も延期しました。きっと裏で関­係者と打合せをしていたのでしょう
そして証人のM氏を却下し、渡辺だけ呼び渡辺はしどろもどろに、多分裏で打ち合わせた通り「トラックは20~30秒くらい一旦停止した」と偽証しました。
更に一­般的なトラックの角度を左に60~70度でかなり斜めと正直に答えてしまったのを高田裁判長がうまく誘導して30度と言い直させたのも全て記録に残っています。­丸井は国道手前でバックミラーで私の車を2度も見たと嘘の証言をしているのでそれを不自然にしない為にトラックの角度を国道に対して直角に描いて、私の車が何と­か映るように細工していたのです。もし直角から左に60~70度も傾いているとミラーに絶対私の車が映らないのがバレてしまうからでしょう。
判決は、一審とほぼ同じ形態で、割合だけ20-80に変わり、私は損をしました。更に判決文の中には私を嘘つき女に仕立てる捏造までありました。名古屋高裁もグ­ルになって斎藤の不正をかばったり、中日や東京海上から賄賂を貰ったのだろうと推測した。

11 その後私は
B 双方の弁護士と斎藤裁判官 
C 東京海上とリサーチ、
D宇佐美、
E三重交通共済
F不正に関係した裁判官10名以上など次々に訴えたが一,二審とも全て出来レースで棄却、上告も同様でした。
C の裁判では事実上の被告の斎藤が裁判官に選任され裁判官席に座り、笑い話みたいな裁判でしたが、途中で仙台に転勤になり、散々時間稼ぎをされた後の後任の安間裁­判官は、斎藤に出した忌避申告を却下した裁判長でした。
尚、仙台検察庁に斎藤の刑事告発をしたが不受理でした。
D の裁判で会社履歴から宇佐美は、損害保険の代理店もやっていると判明し横のパイプが有ったと判りました。余談ですが 中日の社長の奥さんが

昔「美○△」で○捕歴があるという情報を偶然知りました。何でも有りですね。

12 三重県交通共済の顧問弁護士が中日と同一人物の伊藤と判明しました。一人二役だったのだからさぞややりやすかったでしょう。
何故ここまで丸井の過失を少なくしようとするのか途中で気付きました。
荷物が大幅に遅れた事により発生する損害賠償金を安く誤魔化す為だろうと。資料によると中日は鈴鹿市白子町から,トヨタ自動車向けにアルミの塊を運んだ事になっ­てたが、三重県内でアルミを製造や販売している会社は皆無です。荷主を隠す為の嘘でしょう。

尚、リサーチの目撃者聴取書は中日が有利な様にかなり捏造されていましたが、丸井の証言の頁だけ、捏造し忘れたらしいのを発見しました。
警察がタコグラフを見て「70kmでぶつかったのか?」と質問されたと正直に答えてしまっているのです。これは明らかに丸井が一旦停止していなっかった証拠なの­に全ての判決が一旦停止した事になっているのです。

13 私は津検察庁に丸井と渡辺を偽証罪で刑事告発したが担当の奥田隆洋検事は散々時間稼ぎをした挙句、リサーチが捏造し忘れた頁について「そこだけ捏造し忘れたとい­う証拠は無いでしょう?」と明らかにトンチンカンな発言をして結果不起訴でした

14 即検察察審査会に申し出ました。
誰が見ても偽証罪なのに結果は不起訴相当で理由は渡辺の証言は終始一貫しているでした。法廷の証言と真逆の陳述書は完全無視で審­査の日付さえ教えてくれませんでした
更に奥田も公務員職権乱用罪で刑事告発しましたが結果は検察審査会まで全く同じでした

15 荷主は本来より少額の賠償金しか受け取れなかったはずだから荷主を探して教えたいです
それと当時渡辺はもうすぐ定年と言っていたのに今も働いています。宇佐美の誰かが偽証する交換条件に定年延長を出したと推測します。

この不正を広く知らせたいし、いつか再審請求や刑事告発のやり直しもしたいし荷主も知りたいです
何か情報ある方は是非連絡下さい。
匿名で構いませんのでご意見等もお待ちしています
草々

宮本 まりね

******「法務・検察の闇を斬る」より抜粋******

ターゲットをキレさせて犯罪に誘導したいのだろう。

AM0:02からAM0:25 入浴中

また、隣家加害者がフローリングの床を走り回る。
また、子供の足音だ。
ターゲットをキレさせて犯罪に誘導したいのだろう。

大声を出すには非常識な時間帯だが、我慢するつもりは無い。
いつもの、独り言で撃退を試みる。
「場火ガキストーカー」
「ヒトゴ○シ集団」
今回も効果なしだ。

車両通過を装った音声送信が数回。
電車通過を装った音声送信。
犬の鳴き声の音声送信。
ハイヒールの音。これが音声送信なのかは不明。



AM0:30
パソコン作業を始めると、隣家加害者がフローリングの床を走り回る。

対向手段が無い為、過去の画像を使う。

20100414_m22h.jpg

20100414_m23h.jpg

20100816_1644m12.jpg

20100822_1814m11.jpg

20100724_2148_m120.jpg


女性の話し声による、加害工作を受けた。


昨日の加害工作は、昼頃にNTT関連会社から
営業の電話が入った。
母親が電話を受けて、「インターネットのことで・・・」
私は、後でコチラから電話をすると言って電話を受けなかった。
この電話を受けて会話を録音して集ストの証拠撮りに出来るが、
自分の時間を奪われたくなかった為、諦めた。

昨日の午後11:20から午後11:50の入浴中に、
女性の話し声による、加害工作を受けた。
「風呂に近付く変態場火オンナ」で撃退出来た。



今日のPM8:35
また、隣家加害者がフローリングの床を走り回る。
子供の足音だ。
この加害工作は、ここ2・3日は無かったのだが。
PM8:43
また、子供の足音だ。
PM8:49
また、子供の足音だ。
いつもの、独り言で撃退を試みる。
「○面○ろゆきは、ストーカー犯罪者」
「場火ガキストーカー」
「ヒトゴ○シ集団」
今日は効果なしだ。

PM8:50
救急車の音声送信。

今日の画像が無い為、過去の画像を使う。
20100413_m25h.jpg

皆さんの「気」が重要なのです。*「ダンディ・ハリマオ」さん*


ダモクレスの剣 その4 | LEGACY OF ASHES
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/216.html


******「ダンディ・ハリマオ」さんのブログより抜粋******

ロスチャイルド家そのものは人のいい臆病なジョーカーおじさんなのですから何も怖がる必要なんてないのです。

 それは言論の代理人のデヴィッド・アイクやアレックス・ジョーンズのバランサー(X-DAYまでのつなぎ役)などが300人委員会の黒い貴族の命を受けて作り上げているのです。注意して見ていれば分かりますよ。その時が来れば彼らはいなくなりますよ。たっぷりとご褒美をもらって。

middle_1303812599.gif

ですから今こそ皆さんの「気」が重要なのです。それを発信するということ。

毎日次の言葉を気合を入れて一日の終わりに念じてください。口に出す必要はありません。

 「Black Magic Go to Hell,We shall overcome」と。「黒魔術野朗地獄へ落ちろ。我々は負けない。」これで充分です。皆さんは真の光なのですから。

 闇は真の光に対抗するために、光を偽装して戦力を集めようとする。しかし、見極める目を養えば、真の光と、光を偽装する闇とを区別することは可能である。

その「気」が伝わるってこと?少し説明しますとこういう「気」のコントロールはイルミナティの『暗黒の母』の役目なのです。彼女たちは反キリストの悪霊軍団の司令官なのです。母親のお腹にいたときからマインド・コントロールを受けています。

我々が持っている身内の人が亡くなったときにでる「虫の知らせ」という(何億光年の先までわずか0.1秒で到達する)精神波動の数千倍も持っているのです。

ですから皆さんが地震でもう『日本は駄目だ』と思えばまた人工地震にゴーサインを出すでしょうしその反対の場合つまり「なにくそ」と思えば中止になるのです。オカルトと思われるでしょうが事実オカルトなのです。

5月1日は1776年のイルミナティの結成日です。その5月1日に世界最高の意思決定機関「オカルト儀式」が開かれます。日本人なのに外人の名前をつけたRKさんのようにユダヤの宣伝大臣「マラキ・コーエン」なる人物からメールで500万ユダヤドルだすから身を引け......と。ここの管理人も待っているのですが着ませんね。それ位のはした金管理人は持っていますよ(笑)。

******「ダンディ・ハリマオ」さんのブログより抜粋******

「人類支配コンピュータ FEMA と 人口削減兵器 」*「Ikusa」さん*

「人類支配コンピュータ FEMA と 人口削減兵器 」

これは、集ストのハイテク犯罪装置じゃないか!。
このブログでは画像を省略している為、以下のサイトへどうぞ・・・。


「Ikusa」さんのブログ紹介。
心&身魂のアセンションブログ 人類支配コンピュータ FEMA と 人口削減兵器
http://ascensionnote.blog.shinobi.jp/Entry/33/

2011427-222654.jpg


******「Ikusa」さんのブログより抜粋******

人類支配コンピュータ FEMA と 人口削減兵器


①人類管理コンピューター FEMA(フィーマ)

先ずはじめにFEMA フィーマとは一体何なのか?
ロックフェラーの本拠地アメリカ、ユタ州ソルトレイクに設置してある巨大軍事コンピュータの事である。
 
このユタ州の通信基地の巨大コンピューターには、全米、全欧州の市民のID番号が登録され、それは全米の各地方警察・CIA・FBI・国税庁IRSのコン

ピューター、さらにベルギーのブリュッセル(EU本部)にあるNATO軍指令部のコンピューターBEAST(獣)と連結され、市民の個人情報の蓄積を拡大し続けている。

同時にFEMAは、ヴァージニア州を拠点とした全世界の銀行間財務処理システムSWIFT、また全地球規模電子資金転送システムEFT、さらにニューヨークを中心とした手形交換決済システム・コンピューターCHIPSと連結され、全地球規模の市民・企業の活動・資金の動きを完全把握している。

一言で言うと、何をするためのコンピュータなのか?

アメリカで今後、前述したような理由で暴動などがおき、戒厳令が敷かれた際は、全国民を番号総支配・管理する為に用いられるものだそうだ。これで生存者状況など、国民の動向を徹底して追跡管理するようである。

例えば今後、カードや電子マネーによる支払いが浸透すればする程、FEMAに「問題のある人間」と認定された人物は、「どこで缶ジュースを買ったか」まで完全に把握され、さらにはその資金さえ口座を凍結される事で奪われ、生存する権利を奪われる事になる。
 
現在FEMA通信本部は、レーザー光線、赤外線による監視システムを完備した上、基地周囲を複数の中型戦車で完全包囲する厳戒体制を常時取っている。ペンタゴンでさえ取っていないこの異常な警戒体制は、この通信基地の重要性を示しているとも言える。

既報の災害救助法により、米国の全公務員は、FEMAの指揮下に入る事が義務付けられている。他に以下がFEMA指揮権にはいる。

●アメリカ合衆国大統領特別命令第10995号「全報道機関の接取」。
●第10997号「全ての電気ガス石油エネルギーとその施設の接取」。
●第10998号「全食料と農場の接取」。
●第10999号「車両等の輸送手段、高速道路、港の接取」。
●第11000号「全市民への強制労働命令権」。
●第11001号「全病院、福祉施設、教育機関の接取」。
●第11002号「全市民の個人情報の政府への登録義務化」・・郵政長官が実行義務の実施機関となる。
●第11003号「全航空機、空港の接取」。
●第11004号「住宅予算局を窓口とした全市民の強制移住命令」。
●第11005号「全鉄道、運河、倉庫の接取」。
●第11490「政府の全権利、機能のFEMAへの移譲」。

更にアメリカ各州では既に自動車解体工場などの名目でFEMA CAMP(収容刑務所)がどんどん増設されている。この刑務所には鉄道線路が併設されており、各地からの暴動逮捕者や反政府主義者などを強制送還するためのFEMA TRAIN(電車)の試運転も目撃されている。

↓↓↓FEMA CAMP(収容刑務所)

それらに関連するもので特に不気味な存在なのがFEMA COFFIN(棺)と呼ばれるものだ。

↓↓↓先ずはFEMA COFFIN(棺)に関する以下の動画をご覧いただきたい。

来るべき状況に備えて、闇の世界権力はこんなにも現実的なアジェンダ(計画)で人口管理・削減の準備を進めているのである。まさに驚愕である。そしてこれに追従するような動きが各地で見られ、日本も例外ではないという。

人口管理コンピューターFEMA をご紹介したが、これはアメリカ軍事のほんの一部である。では他にもアメリカの最新兵器はどのような状況になっているのだろいうか?解かる範囲でお知らせしたい。

まずはすでに有名な地震(気象)兵器 HAARP(ハープ)から話そう。


②地震(気象)兵器 HAARP(ハープ)

↓↓↓地震兵器HAARPとは!?(5:00位~) 他プラズマ兵器、光学迷彩服なども紹介


↓↓↓HAARP起動時。テスラコイルみたいな光です。作用は電子レンジみたいなものです。


温めすぎたカレーが爆発する原理を利用しています。

↓↓↓HAARP目標地点には不気味な虹色の地震雲が発生します。(中国四川地震10分前)


噂によると外交政治のカードとして、言う事を聞かない国々に既に何回も使用しているという。本国も例外ではないし、今後も可能性が十分にある。なにもこれに限らず防災グッズなどは準備しておいた方がよいだろう。

インド洋にはアンダマン諸島には7万年の太古から生活をかえていない部族が存在するが、彼らは津波が来る前に、他の動物達と同じように高台に逃げて全員無事だったという。それに比べて、現代人は津波の前の引き潮を面白がって海岸を散歩していたというからあきれる。現代人の直感(霊性)はここまで堕落してしまっているのだ。


③レーザー兵器ノーチラスTHEL(The Nautilus Tactical High Energy Laser)

ノースロップ・グラマン社によって開発されパム・ロジャーズ米国陸軍スポークスウーマンはアラバマのハンツヴィルのレーザー実験施設『スターファイアー』で、重水素フッ化物化学レーザーが長さ11フィート直径6インチ(長さ3.3m直径15㎝)のロケットを破壊したと語り、さらに飛行する短距離カチューシャロケット28発と砲弾5発の壊滅に成功しました。

↓↓↓↓THEL レーザー兵器


ボーイングは「次期戦術レーザー計画」の元で開発を進めてきた高出力化学レーザーをC-130Hガンシップ機に実装を完了したことを発表しました。

今回高出力レーザーを実装したC-130Hガンシップを使って飛行中の機体から地上の目標に向けてレーザーを発射する実験を行う予定です。

また、モバイルレーザー兵器も開発済みです。米国カリフォルニアのTRW社では、5マイル(約8Km)先から『人体を貫通させるほどの破壊力』のレーザーライフルの研究を長年続けています。LE System Incが販売している『Laser Dazzler』と言う、要はハイパワーグリーンレーザーを利用した『目隠し(目潰し)兵器』です。ハイパワーレーザーを目に直接照射すると、一時的な目くらましになるだけでなく、目の奥の網膜が焼きついて視覚障害や、最悪の場合失明の可能性もあると言う、非人道的で且つ本当に恐ろしい程効果があるからです・・・。


④バリア兵器

↓↓↓だんだんスターウォーズ化してきています。


⑤反重力兵器(Anti Gravity  Weapon)

過去地球に墜落した多くのUFOからテクノロジーを奪いました。

実は「反重力」は特に難しい技術ではありません。

↓↓↓家庭の科学実験で可能なレベルです。


⑥宇宙戦闘機など

ボンバーライダーB2 MHDなど宇宙戦闘機、地球製UFOなどなどです。  


⑦バイオケミカル兵器

おなじみ、人工鳥インフルエンザ、人工豚インフルエンザ、人工SARS、人工AIDS、とそれぞれに対応するナノマイクロチップ入りワクチンなど・・・

↓↓↓バイオケミカルウェポン


上記のようなテクノロジーを多くの地球人は平和、クリーンエネルギーの利用にこそ使って欲しいと願っています。しかし、現在我々地球人は闇の世界権力イルミナティの支配下にあるので、テクノロジーは殺人兵器にばかり利用されてしまいます。

↓↓↓N・W・O


↓↓↓人口5000万人計画『アングロサクソン・ミッション』


兵器の開発となると他国に軍事技術が流れては困ったことになる。その理由から、兵器開発においては、企業と軍部が共同で行うことになる。やがて、これがコングロマリット化し、巨大なモンスター「軍産複合体」を生み出す。こうなると大変である。軍需産業の景気は、戦争次第。戦争を行うのは軍部。両者の思惑が一致するとき、新たな戦争が始まる。軍事産複合体が生き残るためには、戦争をし続けなければならないという悪夢となるのだ。

社会が行き詰った時、江戸時代のように自ら軍備を縮小する精神性をもった日本人こそ、最後の頼りになると思います。その為には、皆さん!いち早く自分の心の中の戦争を終わらせましょう!モチロン、私もですが・・・・ (*´-`*)ゞ


P.S 闇の世界権力のアジェンダ(計画)の最新情報はアレックス・ジョーンズ氏のサイトが大変参考になります!↓↓↓


http://www.infowars.com/


↓↓↓驚異のテクノロジーの急激な進歩の裏がわかります。


━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━

気づいてください!伝えてください!

******「Ikusa」さんのブログより抜粋******


「市民連帯の会」のメーリングリスト*「netmits」さん*


「市民連帯の会」のメーリングリスト。


市民連帯の会
http://d.hatena.ne.jp/netmits/

******「市民連帯の会」より抜粋******

2011-04-16
会員募集中です!

三井環は「腐敗した政治権力や法務・検察に対し、命ある限り闘う」と宣言して参りました。今後は、全国各地で行われている「脱原発」「菅政権

打倒」「小沢政権の実現」「法務・検察の改革」などを訴える市民運動と連携することにより、広範囲で大規模な活動へと発展させたいと考えてお

ります。

そこで今回、市民運動の活動家の仲間達と「市民連帯の会」を設立致しました。そしてこの闘いを市民の皆さまとともに進めるためにも、是非皆様

方にも「市民連帯の会」にご参加いただくことを願っております。

「市民連帯の会」への参加を希望される方は、こちらをクリックして頂き、「住所」「氏名(実名)」「メールアドレス」を記載の上、送信ボタン

を押してください。なお送信いただいた方は「市民連帯の会」のメーリングリストにご参加頂きますので宜しくお願いいたします。

また、我々の活動を支援していただくための募金活動も実施しております。

募金頂ける方は下記口座への振込みをお願いいたします。

   ・ゆうちょ銀行 市民連帯の会 名義

    普通 1168562 店名 018    

なお1万円以上のカンパをしていただいた方には三井環が無料で事件のアドバイスを致します。また必要に応じ弁護士のご紹介もいたします。


                      「市民連帯の会」

                       代表者

                        三井環

                       (siminrentai@goo.jp)

******「市民連帯の会」より抜粋******

ひふみ神示*「HidechikaNakayama」さん*


YouTube - ひふみ神示 天地の恵みのなかに寄り添いて生きてこそ人となりけり
http://www.youtube.com/watch?v=lpumLSqsgoE&feature=related

投稿者: HidechikaNakayama | 作成日: 2011/02/03
2011427-01735.jpg



ひふみ神示 天地の恵みのなかに寄り添いて、生き生きてこそ人となりけり
(ひふみ神示を基にした創作ビデオ)
この星変わるぞ。新しき愛の星として生まれ変わるぞ。
もとはそうであったのぞ。人の心澄めば、この星の汚れ消えてゆくのぞ。
人が思い、この星を救うのぞ。今苦しみ喘ぐこの星を救うは、人ぞ。
人しかないのぞ。この星を救う覚悟ぞ。さまざまの神、そのためにお働きぞ。
神と共に、この星を救いてくれよ。人も星も、神の内にあるのぞ。

魔を入れるなよ。心で見ればわかりてくるぞ。善と見えて、悪があるぞ。
悪と見えて善もあるぞ。形だけに惑わされるなよ。
善悪の見分け、心してくだされよ。まことの改心できねば、世は変わらぬぞ。
見せかけだけの改心要らぬのぞ。
人を救うは、この星を救うことぞ。

心変わらば、地球が変わるぞ。星の心も変わってゆくぞ。
疲れはてたこの星、救ってやれよ。星の嘆きを聞いてやれよ。
声の聞こえる人となれよ。ばんみんに聞こえておるのぞ。聞いておるのぞ。
それを聞こうとせぬだけぞ。聞こうとすれば、いつでも聞こえるぞ。
神の声も、人の声も、星の声も聞こえるぞ。
悲しみの声、日増しに強うなりてゆくぞ。早う気付いてくれよ。
愛せよ。すべてを愛せよ。すべてを慈しめよ。すべて神の子ぞ。すべて神の心の現れぞ。

神はただひたすら、人を愛してきたぞ。
ただ ただ、黙って愛して来たぞ。その心、到底、人にわかるものでないぞ。
じっと じっと、愛して来たぞ。神の心、無にするなよ。
人にはわからぬほどの遠き遠き時空の果てに、神はおられるのぞ。
天地の恵みのなかに寄り添いて、生き生きてこそ人となりけり
この愛、わかりてくれよ。

「ふぐり玉蔵」さんのブログより*福島の親御さんたちに伝えて欲しい*


ベガさんのブログで目にした為、私も・・・。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

******「ふぐり玉蔵」さんのブログより抜粋******

福島の親御さんたちに伝えて欲しい

うーん

http://atmc.jp/school/

このサイトを見ても、どう見ても放射線量が高いですよね。
1mの高さというのは小学生のだいたいの背丈ですが。毎時4マイクロシーベルトのところがある。
4マイクロシーベルトということは、4×24時間×365日=35040マイクロシーベルト

つまり年間で35ミリシーベルトということですよね?

前の記事に原発被曝労災の人達を実名で載せましたが。
50ミリシーベルトで慢性骨髄性白血病により29才の作業員が死んでいますね。

今後、小学生が慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫。
こういう病気でバタバタと死んで行ってしまう。
5年以内には発病してしまうかもしれない。

以下はシネマトゥディに載っていた記事です。被爆者のドキュメンタリー映画を公開した映画監督の訴えです。
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.cinematoday.jp/page/N0031748
微量放射能による被害は10年後にやってくる…鎌仲ひとみ監督、「東京も汚染地域」放射能の恐ろしさを訴える

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 14日、渋谷アップリンクにてイラク、広島と長崎、アメリカの被爆者たちに焦点を当て、目に見えない微量放射

能による被害と その関係者を取材した社会派ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』の上映後、鎌仲ひとみ監督によるトークショー

が行われた。
 原子力問題が高まるなかで上映された、映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』は、鎌仲監督が2003年に製作したドキュメンタリー。六ヶ所村核燃

料再処理施設の問題に焦点を当てた『六ヶ所村ラプソディー』(2006年製作)、エネルギー問題をテーマとした映画『ミツバチの羽音と地球の回転

』(2010年製作)と放射能、原発、そしてエネルギー産業の真実に目を向け続けている鎌仲の原点ともいえる作品だ。

 作中には、戦慄を覚えるようなシーンが登場する。アメリカ最大の核施設であるプルトニウム製造工場があるハンフォードは、原爆を製造したと

きから何十年もの間、放射性物質が環境にばらまかれ、放射性ヨウ素131を、気象観測用の風船をつかってばらまく実験まで行われていた。風下に広

がる広大な農村地域の人々は被ばくした。反対運動を続ける住民トム・ベイリーが、鎌仲監督を車に乗せ、ハンフォードの“死の一マイル”と呼ば

れる地域を案内するシーンでは、一家全員がガン、奇形児を出産後に自殺、甲状腺機能障害……。延々と続くトムの説明に鎌仲監督も絶句する。一

マイル四方に住む28家族ほとんどの家族の女性は甲状腺障害があり、みなが流産を経験していた。最近になって原発問題に目を向け始めたという女

性は、「放射性ヨウ素131という言葉は、今朝ニュースで聞いたばかりでした。被爆することの恐ろしさを、真正面から突き付けられた気がしました

」と話した。

 「テレビでは、安全です、大丈夫です、と繰り返している。わたしはそれを犯罪だと思います」、12年間、原子力問題と向き合い続け、被ばくに

苦しむ人々を取材してきた鎌仲ひとみ監督は、トークショーできっぱりと言い切った。被爆した多くの子どもたちが、白血病やガンに苦しむ姿を見

てきた。「喫煙者の発がん率と比べれば」という意見もあるが、では、放射性物質の影響が大きい小さな子どもたち、妊婦たちはどうだろう。彼ら

が、微量の放射性物質を浴び続けるとどうなるのか、悲劇はすでに始まっている。「一刻も早く、福島から、子どもたち、妊婦たちを避難させたい

」、と訴えた鎌仲監督は、東京も例外ではないと警告した。「風や、雨に乗って半減期30年の放射線セシウムが東京に降り注いでいます。土壌は汚

染され、小学校のグラウンド、公園の砂場も汚染されます。東京だって、汚染地域です。ハンフォードと同じ、風下の人間たちになってしまったん

です」。

「ただちに健康には影響しないので、冷静に」と政治家は繰り返している。だが目に見えない放射性物質は、ゆっくりとわたしたちの体内に蓄積し

ていき、10年後、15年後、ガンや白血病となって、わたしたちに襲いかかる。そのとき、「政府は安全だと言っていたのに」と声をあげたところで

、時すでに遅く、2011年の福島原発による放射性物質の被爆によってガンになったという因果関係は立証できない。「東京に住む人々は、福島原発

に無関心過ぎた。加害者でもあると同時に、わたしたちは被害者になってしまったんです」と鎌仲監督は話した。

 反原発デモに、16,000人が集まっても、ほとんどのメディアが報道しない。電力会社は、大手メディアにとっての最大のスポンサーだからだ。鎌

仲監督は、「プロパガンダの罠にはまらず、自分で調べて、考えて」と訴えた。
 この日行われたトークショーの中で、鎌仲監督は、「自分で考えに責任を持ってほしい」と、何度も口にした。原発推進派、反対派、「安全」と

いう人、「危険」という人。たくさんの意見が飛び交っている中、わたしたちは、情報を自分で集め、自分で考え、自分の責任で行動していかなけ

ればならない。何を信じ、どう行動するか、すべては自分たち次第だ。(編集部:森田真帆)
--------------------------------------------------------------------------------

以下はドイツの雑誌から

--------------------------------------------------------------------------------
http://www.spiegel.de/wissenschaft/mensch/0,1518,758410,00.html
「福島カタストロフ~日本は子どもに対して高い放射線値を確定した」
2011年4月21日 シュピーゲルオンライン
これは東京当局のゆゆしき措置だ:日本の子ども達に今やドイツの原発作業員と同じだけの放射線値が降り注いでいる。シュピーゲルインフォメー

ションの取材を受け、文科省は最大被ばく量の値を確定した。専門家は困惑している。東京 -福島カタストロフ現象の取り組みで、日本の文科省

は極端な手法に着手した:同省は、子ども達が学校や保育園で浴びることになる放射線量の最大値を毎時3.8マイクロシーベルトに確定したのだ。シ

ュピーゲルインフォメーションによれば、これは一日に8時間外気に当たる場合に1年で約20ミリシーベルトに達する恐れのあるもので、-ドイツの1

人の原発作業員の最大値と同じである。「これは多すぎる」と、グリーンピース関連の独立専門家であるシャウン・ブルニーは言う。「子どもは大

人よりも放射線への感受性が高い」とオットー・フーク放射線研究所のエドムント・レルンフェルダーは憤慨する:「より多くの発ガンの可能性を

考慮しなければいけないのは確実だ。政府は限界値を法的に逸脱したのだろうが、道徳的には許されない。」
--------------------------------------------------------------------------------

頭がおかしい。
もはや意味が分からない。
みなさんケラケラとテレビを見て笑っている場合なんでしょうか。
ワタスにはさっぱり意味が分からない。

まぁ、しかし。
そうしきりに書いて嘆いてはみるものの。

やはりほっておいてはいけない。
こんなことを見過ごすことはできない。
こんな犯罪を見過ごすということは、共犯者になるということではないですか。

頭がおかしい人達がお笑い番組を見て笑っている間に子供達が死んでいってしまう。
まだ、今なら間に合うかもしれない。

福島の小学校に子供を通わせている親達。
知識がないのか、情報が伝わっていないのか。

子供には何の罪もない。
現在も以下のように被災児童を受け入れている施設はいくらでもありますよ。
これを読んだ方、どうか福島のその親御さんたちに伝えてもらえないでしょうか。
知識がない、情報がないではすまされない。

例えばこんな山村留学の施設とか。

--------------------------------------------------------------------------------
http://www.sodateru.or.jp/blog/jimukyoku/archives/2011/03/post_34.html
東北地方太平洋沖地震被災児童生徒の受入について
 東北地方太平洋沖地震で被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。
 この度、被災した子ども達の生活の安定と就学環境を確保するため、当会が行う山村留学事業を利用した児童生徒の受入を開始することと致しま

した。
 まだまだ復興の兆しが見えない中で、被災地の子ども達は不安な毎日を送っていることと思いますが、少しでも力になれれば幸いです。
 受入学園及び方法等は下記の通りです。
 ご希望の方はぜひお問い合わせください。
--------------------------------------------------------------------------------

山村留学の施設はたくさんあります。
http://www.sanryukyo.net/blognplus/index.php
--------------------------------------------------------------------------------

また、こんな感じでちょっとゴーグル検索しても被災児童受け入れをやっているところはいくらでも出て来ますよ。
google 被災児童受け入れ検索
--------------------------------------------------------------------------------

このブログはブロ友さんの数900余名。馬鹿みたいにブロ友さんがいるのです。こう言う時のためにこのネットワークを使いましょう。
皆様、福島の小学校、中学校に通う子供達を持つ親御さんへ。知り合いその他、知人に知らせてやって下さい。
ブロ友さんへお願いです。ブログに張るなり各ネットの種掲示板に情報拡散お願いします。
もしくは知人その他のネットワークで伝えて下さい。
どうにかこうにかすれば伝わるはずです。

このブログを見た方もどうか協力をお願いします。

本当にありがとうございますた。

******「ふぐり玉蔵」さんのブログより抜粋******


玄関で母親と福○喜○子の話し声。

PM7:20
パソコン作業中に、玄関で母親と福○喜○子の話し声。
いつもの嫌がらせだ。
全く、懲りない奴。

今日の画像が無い為、以前の物を使う。
20110317_0944_m11.jpg


今日のローテク加害工作としては、初めてだ。
大きな独り言で撃退した。
「ブクブク汚い部田オンナ」
「ストーカー犯罪者」
「ヒトゴ○シ集団」
こんなことを言われても、反論出来ないのだ。
悪魔に魂を売った連中だ。
最近はこの方法で90%撃退出来る。
残りの10%は、カルト信者と思われる工作員だ。
嫌がらせをすることで、自分の病気が治ったり
幸せになれると信じているとか・・・。
 
音声送信とマインドコントロールによる鳥の鳴き声は、
声帯振動で対処している。
これで撃退は出来ないが、被害は軽減する。

PM7:47
このブログを書いていると、ヘッドホンのノイズ工作が始まった。
これは、隣家加害者だ。

今日の画像が無い為、以前の物を使う。
100711K05.jpg

家族も役所も警察署も裁判所もグル。


親切を装って近づいてくる。
このヒトは自分の味方かもしれない?。
でも結局、工作員の一人・・・。
陰湿で卑劣な奴ら。

皆で口裏を合わせて、完全犯罪。
家族も役所も警察署も裁判所もグル。
この国は完全に腐っている。
立派な事を言っても、一皮むけば同じ。
皆、偽善者。


「みっちー」さんのブログ紹介。

みちのあしあと  白い願い
http://michifujisawa.blog46.fc2.com/blog-entry-618.html


******「みっちー」さんのブログより抜粋******

2011.04.24

白い願い

 私は霧の中をさまよっていた。何度自問しても答えは出ない。やられる前にやらないと。なぜ? 自分が産んだ子供じゃない。
 中学に入ってから母の攻撃性は増し、娘を捕まえてはあんたが悪い、人を責めるから友達ができないと言って、中学の先生に毎日電話して母が信仰している宗教の勧誘をして娘が学校で

叩かれるようにし向けた。同級生のことを話題に出せば人を馬鹿にしていると罵り、娘の存在自体を否定し続けた。

 引き返せた時が何度もあった。それを悉く跳ね返し悪い方へ引きずっていった。母は宗教狂いだった。支配的で足るを知らずに、一つでは満足できず次の宗教に救済を求めかけもちして

いた。母が何をやりたいのか子供から見ても矛盾し、破綻を来たしていた。困った時だけ救済を求め、何でも思うようにならないと気が済まない。母はきっと子供なんていらなかったのだ

。自分が一番でなければ気が済まない。母の友人の恵子は同じ宗教の信者で会社の同僚だった。夫がデザイン会社の社長で、今は社長夫人ということになる。私はずっと、恵子には本来人

の上に立てる器などないことを察していた。恵子はお母さんが学校の先生に勧誘をしたから今があるのだと全く逆のことを言って聞かせた。母と恵子が悪巧みを働いて邪魔をしていること

は薄々知っていた。私に時間の感覚があったのはこのときまでだった。

 中学二年生のある朝起きると母はだれかと電話をしていた。暫くして自宅におしいってきた男二人に注射を打たれ、車で押し込まれた。父は車を運転し、男が私を抑えた。目が覚めると

精神病院にいた。大量の薬物を飲まされた。体操の時間に看護士の目を盗み、精神病院から逃げ出した。大量の薬物で体力を奪われ、足元はふらついていた。横須賀の病院を出て、泣きな

がら走り続けた。お腹がすいたら公園の水を飲んだ。コンビニで食べ物を盗んで警察に捕まろうかと思ったけどその手を引っ込めた。悪意が心を掠めたのはお腹がすいていたからではなか

った。二日かけてたどり着いたのは家族で出かけたことのある横浜市内のかみきビルだった。鎌倉街道からかみきビルの階段を上った。私は屋上のマンホールの中にいた。真っ暗な中で拾

ったライターをかちかちならすと消えたり光った。お母さんはなぜ私をこんな目に遭わせて平気でいられるんだろう。私は人間不信に陥り、誰とも口を利かなかった。毎日毎日あの病院で

行われていることを思うと吐きそうだった。今までにどれだけの人がこうやって闇から闇へと消されていったんだろう。やる側にならなければ生き残れない世界。そう思いこまされている

のだ。

 両親は教団関係者に連絡し、すぐ捜索を開始するだろうと思った。公にすれば虐待がばれてしまう。正式な捜索願いは出せないはずだ。
 
 マンホールから光が射し込んでいる。
「誰?」
「俺はようへい。ここに住んでる。施設にぶちこまれたから逃げてきた」
「私は雪。精神病院から逃げてここにきたの」私は脅えながら言った。
「そう。怖がらなくていいよ。俺は捕まえる側の人間じゃないから」

 たけは奥に本を持っていて、読んで教えてくれた。学校と同じように二人で授業をした。明け方にビルから出るゴミを漁って食べた。食べ物には困らなかった。そのうち知っている精肉

店のおばさんが残りをくれるようになった。
 あるとき二人の姿を見たおばさんが話しかけてきた。
「どうしてここにいるの?」
「お母さんは私のことが嫌いだから、帰ると精神病院に入れられるの」

 母と変わらぬ年のおばさんは私の頭をなでて何か買いなさいといい、千円をくれた。私はお菓子を買ってたけと半分ずつし、鉛筆とノートを買った。ようへいは自分で話を作って紙にか

いてくれた。ようへいは子供だけで暮らせる楽園の話を聞かせてくれた。掘っ立て小屋に暮らす子供達の絵を熱心に描いていた。連れ去られることに怯えなくていい、そんな世界があった

らいい。夜は警備員に見つからないようにホールの中に潜って、ようへいの描いた物語をなぞった。

 ようへいと私は管を割り、水を出した。
 娘の逃亡先を知った両親は伏兵をよこした。マンホールには恵子や宗教の信者がやって来て家に戻るようにとしつこく迫った。恵子はまだ子供の私に「家族を捨てたんだ、親の面倒を見

なければいけない」と脅迫じみたドスを効かせた。
「恵子さんの夫が社長でいられるのは裏でこういうことをやってるからなんですね」私は石を投げて追い返した。

 ようへいはすかさず足を出してすっころばせた。恵子は足を引きずりながら帰っていった。
 十五歳になっていた。顔見知りになった市の職員の説得で短期ステイで施設に入ると母が現れ、支給された補助金を奪っていった。母の鬼の形相を見て、私は食欲をなくした。姿は見せ

ないが、父が車で近くまで来ていることも知っていた。その後ろには黒い組織が待機している。
 マンホールに戻ってから友達が増えた。たかちゃんはデパートでパパに殴られ、さまよっているところをみつけた。

 たかちゃんは風邪をこじらせて死んだ。七歳だった。みんなで手を握った。たかちゃんは「一緒にいてくれてありがとう」と言った。夜の川原でたかちゃんを燃やした。しゅんくんはた

けの施設にいた、たけの弟分。たけが施設を脱そう繰り返すうちにマンホールに住み着くようになった。でも夏に警察に捕まったまま帰って来なかった。何か悪いことをやったの? とよ

うへいに聞いてみたけど、分からない、遠くの施設に送られたのかもしれないと繰り返すだけだった。

「遠くって新幹線に乗るくらい?」
「うん。そうだよ。歩いてはここまで帰ってこられない」
「私たちも警察に捕まったらそうなるかもしれないね」
 私たちは歌を歌った。

 ともちゃんは私が施設に入ったときそのままついてきた。お金が憎いと言って体を売っている。男はその時だけ優しいという。私はどうするのだろう。市の職員やボランティアが代わる

代わる訪ねてきて名刺をおいていく。私にはその笑顔が狐の顔に見えた。なぜそんなに必死に通いつめるのかしら。一人捕まえるとボーナスでも貰えるのかしら。自分より少ない年数しか

生きていない人を問いつめるなら随分楽でいい。でも社会は下降線を辿り続け、成熟しない。
 デパートから聞こえてくる歌を歌っていた。
「歌が好きなの」

 おじさんが声をかけてきて隣の区にあるお店につれていってくれた。歌手になりたいと思った。おじさんはジャズ協会の理事に選ばれていると言って雑誌を見せてくれた。雑誌にはおじ

さんの店が掲載されていた。家で音楽を聞こうと言って家につれていって私に乱暴をした。朝目が覚める前に覆いかぶさっていて逃げられないようにされていた。このままここにいたらま

た黒い男達がきて精神病院につれていかれる。私はまた逃げた。この人も善意を装って私を潰そうとする追っ手の一人だった。学歴や肩書きが道を示してくれたことがあっただろうか。世

界は大人の欲望に溢れている。ようやく私は目を覚ました。

 施設職員の中に熱心なおばさんがいた。秋元順子は子供がなかなか心を開かないことを心得ていて慎重に接しているようだった。私はもしやと思い、順子に尋ねた。
「親が親権を放棄してね、里親に育てられたのよ」
 私は順子に嫉妬とも親しみとも取れぬ感情を抱き、暫く距離を置いた。仕事をするにも住所がないのでできない。かみきビルにやってきた大道芸を見てボール遊びを教わりサーカス団と

行動をともにしたが、一人が芸をして目を引き、客の財布をすっている芸人を見てそっと抜け出した。一般人には見抜けない瞬間芸だった。それが見えてしまう自分が嫌になった。

 病院とか施設とかもうまっぴらだ。私は虫歯を治すために一時的に保険証をもらったり、施設と関係を持ちながら十八歳になるのを待った。私は国からの助成金で市営住宅に入り一人暮

らしを始めた。役所の人の勧めでカウンセリングにも通うように進められ治療を始めた。

 久しぶりに横須賀の実家に帰ると留守のようだった。窓を覗いても誰もいない。車庫には潰れた車が止まっていた。ゴミ箱を足蹴に物置から二階に上りベランダ伝いに家に上がった。学

校帰りに家に入れなかった時使っていた裏技だった。電話帳を見て恵子に連絡をとると母は私が入院していた精神病院に、父は刑務所にいるという。慌てて駆けつけると病院側は難色を示

し、押し問答の末面会が許可された。ナースセンターにはあの時と同じ巨体の米ちゃんが座っていた。病室で見た母は目が宙を泳ぎ、隙間を埋めるように絶え間なく喉を鳴らていた。ベッ

ドに座った私に、前のベッドの人がうるさいんだと子供のように言い、しおらしく「まだ親を恨んでるの?」と言った。私は「ううん、もう恨んでないよ」と刺激しない言葉を宛がうしか

なかった。ここは病院で医者の監視下にある。気にくわないことがあれば面会謝絶にされるだろうと思うと何も言えなかった。母は自分がしたことの重大性を未だに全く理解していなかっ

た。今日は夕飯が楽しみだと浮かれた様子だった。どんな時も自分のことばかり。悪意がなかったといえば何でも通ると思っているの。

 父の刑務所に行ったが、破棄は失せ半分くらいに薄くなっていた。何の罪で捕まったのかと思えば飲酒運転での人身事故だった。気の弱い父らしいと思った。父は自分には罪がないとい

とでもいいたげに無言だった。

 私は自分の生活に戻り、仕事を探した。これならじぶんにも出来そうだ。午前中、週三回。マンションの清掃の仕事に就いた。インターネットを覚え、ブログで小説を発表しはじめたが

、退院した母はそのささやかな楽しみさえ奪った。電話番号を調べ、電話をかけてきて金を返せと言った。もう生きる場所も違う。放っておけばいいではないか。とにかく、どこに行って

も誰かが声をかけ調子を乱そうとしてくる。私は実の親を完全に見放した。背後には父がいる。母=宗教団体にとって生存者の存在は虐待を助長していると公表されているのと同じ、社会

に強いインパクトで影響を与える。一九七〇年に起きた「言論出版妨害事件」で象徴されるように、組織に批判的な作品を発表させてはならないのだ。この事件を機に言論の自由への侵害

は目に見えない形でより陰湿な圧力へと変わっていった。私はたかちゃんの分まで生きなければならない。私の死を望んでいる者にその通りの現実を与えてはいけない。私は先天性か虐待

の影響か分からないが、映像で見たほうが頭に入った。いくつか文学賞に応募してみたが、受かる筈もなかった。コネ、親、組織。個人氏のデジタル版を立ち上げた。最低限の生活はでき

る。でもそこからはいあがることはできない。親自身の手ではいあがれないようにしたのだ。

 小説家志望の人たちが集まる掲示板で知り合った人たちは、親がいて学歴があって健康で、私より何倍も恵まれている人たちが僻みをぶつけてきた。これは作品ではない。私はそれを「

苦しみの垂れ流し」と呼んでいた。すぐに離れた。
 一人でいること、だけど実家で親といた時に比べたら天国だった。ここには朝目覚めて誰かに連れ去られることはない。私は利益や名誉のために書いているのではない。だがいくら断っ

ても、悪意の勧誘が後を絶たなかった。気付かなければ幸せでいられたのに。従う者でなければ困るのよ。なぜ大の大人が毎日ゲームのような日常にどっぷり浸かって殺し屋のように子供

に付きまとうの。他人を利用し、我が子を犠牲にして、世間に恨みをぶつける側の人間にみんな取り込まれていった。憎しみにまみれた世界で私は今日も小説を書いている。

 好き勝手やったせいで、あなた達には老後の面倒を見てくれる人も葬式を出してくれる人もいないわ。お金だけはあってどう、幸せ? 困った時だけ助けてくれなんて都合の良いことを

いわないでちょうだいね。
 窓を見上げると景色がなくなっていた。白い消しゴムが街をけしていく。サンタさんは願いを叶えてくれた。小さい雪がたかちゃんやようへいと一緒に道路を駆け回っている姿が見えた



(了)

******「みっちー」さんのブログより抜粋******

「目」さんからの拡散依頼です。「集団ストーカーの証明」(1~12)*被害オヤジさん*


「目」さんからの拡散依頼です。

ご賛同頂ける方は、ブログにコピペして下さい。
どうぞ、宜しくお願いします。

******「目」さんのブログから抜粋******

<拡散希望>「集団ストーカーの証明」(1~12) 素晴らしい動画ですテーマ:組織的ストーカー・テクノロジー犯罪
「戦え!!集団ストーカー被害者」の被害オヤジさんが自作してくださった動画です。

 非常にロジカルで解りやすい内容になっています。

 法整備に向けての、被害認知の数値目標も明確に表記してあり、各被害者が、考え方を整理するにあたって、とても参考になります。

 被害オヤジさんの24年に及ぶ経験からのまとめあげであり、説得力があります。

***<転載開始>***

この度、集団ストーカーの証明をプレゼンで作ってみました。我々が普段より受けている被害の概ねを説明できているのではないかと思っています

。時間は少しかかります。お時間ある時によろしかったらご覧になって下さい。私は本気でこの被害を無くしたいと思っています。


集団ストーカーの証明1
http://www.youtube.com/watch?v=6-0IVnfOlLo&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明2
http://www.youtube.com/watch?v=DP1AavYyUWs&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明3
http://www.youtube.com/watch?v=sCt-zbc0eys&feature=channel_video_title\

集団ストーカーの証明4
http://www.youtube.com/watch?v=gFxDf2-eDok&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明5
http://www.youtube.com/watch?v=VjDylgcd_lc&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明6
http://www.youtube.com/user/CourseK2011?feature=mhum#p/u/3/vokFO_-CQ08

集団ストーカーの証明7
http://www.youtube.com/watch?v=UMJY5vEnxRk&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明8
http://www.youtube.com/watch?v=sx2axbxevyI&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明9
http://www.youtube.com/watch?v=dxekiMzzu4M&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明10
http://www.youtube.com/watch?v=UAEAvcLl6v0&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明11
http://www.youtube.com/watch?v=QSE7ZMbBdY8&feature=channel_video_title

集団ストーカーの証明12
http://www.youtube.com/watch?v=BwCD2qzuSag&feature=channel_video_title

***<転載終了>***

この被害に遭われている方々は、人間的にも能力的にも、優れた方が多いですね。(私以外ですが・・・・苦笑)

******「目」さんのブログから抜粋******

原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”*渡邉正次郎 NewsToday*


皆が計画停電に疑問を持っていた。
でも、証拠が・・・。

もしかして、コレ?。


総理、東電の大嘘暴露!!原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”政府極秘文書暴露!!週刊ポスト快挙!! - 渡邉正次郎 NewsToday
http://maglog.jp/nabesho/Article1272686.html


******「原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”」より抜粋******

記事 総理、東電の大嘘暴露!!原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”政府極秘文書暴露!!週刊ポスト快挙!! ジャ-ナリズム.
公開日:2011/04/23 00:00 .
総理、東電の大嘘暴露!!原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”政府極秘文書暴露!!週刊ポスト快挙!!.
.
 政治家と官僚は国民を何だと思っているのか。読めば怒り狂う電力供給力を操作した国民騙しの政府極秘文書を週刊ポストが入手、18日発売号でスクープした。結果、19日、東電は大慌

てで電力供給量を上方修正。真夏停電なし!!必見の記事。.
大見出しに、.
―極秘資料入手!「原発完全停止」でも「停電」なし.
小見出しに、.
本当は火力その他で夏のピーク電力はまかなえるという衝撃データ!.
.
―国民生活と産業界を混乱に陥れる「真夏の大停電」危機を、菅政権と東京電力が煽っている。だが、このキャペーンは、国民に渦巻く原発不信を逸らし、なおも原子力政策を推進するた

めの謀略、情報操作にほかならない。.
 その欺瞞を暴く政府作成の極秘資料を本誌は入手した―.
.
カウントされない「揚水発電」.
 菅直人首相は震災発生から1ヶ月と1日後の記者会見(4月12日)で、こう力を込めた。.
「原子力事故が起きて以来、政府の責任者である私が知ったことで、都合が悪いから隠すようにといったことは一切ありません」.
 震災以降、批判を恐れて滅多に会見しようとしなかった「国を操る人」の言葉は、真っ赤な嘘だった。.
.
本誌はそのことを示す1枚の極秘資料を入手した。しかし、それが示す事実は国民には公開されていない。資料には、.
『東京電力の設備出力及び地震による復旧・定期検査等からの立ち上がりの動向』と表題が記されている。.
 東京電力のすべての原子力、火力発電所や水力発電の出力、被災状況、7月までにどの発電所の何号機が復旧するかの見通しが一覧表にまとめられたものだ。.
 資源エネルギー庁が官邸や政務三役、与党幹部などへの電力制限説明資料として作成したもので、右肩に『極秘』と入っている。.
.
 資料からは、大地震前後の東電の発電能力の変化が一目でわかる。震災前には5200万㌔㍗の供給量力があったが、地震と津波で原発3ヶ所をはじめ。7ヶ所の火力発電所が全基停止し、3

月14日時点では5100万㌔㍗に下がった。.
 首都圏で計画停電が実施され、電車の大幅減便で通勤難民が溢れたあの時である。.
.
 電力需要がピークを迎える7月末に向けて、定期点検のために休止していた東扇島や姉崎などの火力発電所は既に運転を再開し、震災の被害により停止して居た鹿島や常陸那珂の火力発

電所も復旧して立ち上がる見通しだが、それでも供給力は4650万㌔㍗にとどまると記されている。.
.
 記録的猛暑だった昨年の電力消費量のピークは7月23日の5999万㌔㍗。東電の見通しによると、今年のピーク時電力はそれより低い「5500万㌔㍗程度」と予測されるものの、供給力が850

万㌔㍗不足する計算になる。.
 政府や東電が「このままでは真夏の大停電が起きる」と喧伝するのは、この数字を根拠にしている。.
.
 ところが、資料を詳細に分析すると、7月の供給力には盛り込まれていない“隠された電力”がある。「揚水発電」の出力が計算されていないのだ。「揚水発電」は、夜間の余剰電力を

利用して、(ここから有料をクリックしてください)

******「原発完全停止でも真夏も“電力は十分まかなえる”」より抜粋******

加害工作は6歳頃から始まっていた。

今日の「福○キ○コ」による加害工作は、マインドコントロールではなく確信犯だ。
生活安全ネットワークの指示による三文芝居だ。
それは、公○警察だろう。
これが、カルト宗教を利用しているようだ

私の加害工作は6歳頃から始まっていた。
いや、もっと前だろう・・・。
風邪の為、病院で静脈注射を受けたら、
急に意識レベルが下がり、医者の指示でベッドに横になった。
「このまま死ぬのかもしれない」と一瞬思った。
意識が無くなるギリギリの所で、意識低下が止まった。
命は助かった。

その時は、医者の過失だと思ったが、
今はそれが集ストの加害工作だと確信している。
いや、理解している。
当時、ここまでの加害工作の依頼が出来る組織は警察しか無い。
警察官でも、その存在を詳しくは知らないとゆう公○警察だろう。
その背後にはフ○ーメーソン。
フ○ーメーソンを背後から操っているのがイ○ミナティだ。

発信源の特定は困難だが、
アシュケナージユ○ヤ人も関与している。
アシュケナージユ○ヤ人を背後から操っているのがスファラディユ○ヤ人だ。
7人評議会のメンバー。
ビルダーバーグのメンバー。
ローマクラブ。

ソウカ学会。
キリスト教。

約2000年前にキリストは当時の腐敗した政府を批判した。
殺されることを覚悟して・・・。
当時の政府権力者を腐敗させたのもユ○ヤ人だろう。
金とハニートラップで弱みを握り・・・。
戦争を画策し、両者に融資して利益を得る。
金で全てを支配する。
現在と全く同じだ。

ルターの宗教改革も免罪符購入費の金利が高すぎた為だ。
自らは働かずに、金利で生活する。
金で全てを支配する。
ルターの宗教改革はユ○ヤ人排斥運動でもあった。

現在においても社会を裏から動かしているのはユ○ヤ人だ。
集ストの加害者も奴らに利用されている。
歴史は繰り返される。
でも、私たちは学ばない・・・。

集スト加害者をビデオ撮りしたら、被害者が弾劾される。
特ア人を非難したら、人種差別だと主張する。
中国のチベット問題を批判したら、内政干渉だと主張する。

ユ○ヤのタルムードだ。
特ア人もユ○ヤ人に利用されているだけだ。
現在の日本解体計画もユ○ヤ人だ。
これを、言ったら社会的に抹殺される。
奴らに妨害される前に、いかに多くのヒトに知ってもらうか?。
集スト問題の発信源も同じ、集スト問題の拡散も全く同じだ。





AM9:02
台所へ行くと、玄関で誰かの話し声。
母と「福○キ○コ」による嫌がらせだ。
私は、大きな独り言で撃退を試みる。
「ストーカーしか能の無い、場火オンナ」
「ストーカー犯罪者」
「ひとゴ○シ集団」
私の集スト撃退方法を解った上での嫌がらせだ。
「福○キ○コ」は台所のドアを叩き、大声で私の名前を叫ぶ。
これを無視して、私は大きな独り言を続ける。
「福○キ○コ」は諦めたようだ。

今日の画像が無い為、以前のものを・・・。
20110317_0944_m11.jpg


AM9:10 台所
「福○キ○コ」が玄関を出たようだ。
やっと退散した。
既に加害工作を動画サイトに公開している為、
諦めると思っていたが甘かった。

AM9:14 台所
小鳥の鳴き声。
これは遠隔地の加害者だろう。

AM9:19 台所
救急車の音声送信。

AM10:00
台所へ行くと、小鳥の鳴き声。
これは遠隔地の加害者だろう。

PM4:08
このブログを書いていると、隣家の床を足で「ドン」。
今日の画像が無い為、以前のものを・・・。
20100822_1814m11.jpg


PM4:19
隣家の床を足で「ドン」「ドン」。


PM9:43
パソコン作業を始めると、
隣家加害者がフローリング床を走り回る音。

PM9:46
隣家加害者がフローリング床を走り回る音。
車両通過を装った音声送信。


国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート

ベンジャミンさん。

2011422-131622.jpg


我々が日本の地震兵器攻撃を命令したと話す黒幕の正体 :
: ベンジャミン・フルフォードの国内外金融・経済・政治のウラ事情レポート :
: 有料メルマガ配信サービス「フーミー」
http://foomii.com/00006/201104180630003410



******「フーミー」より抜粋******

◆我々が日本の地震兵器攻撃を命令したと話す黒幕の正体
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2011/04/18 VOl.123≫

【コルベンバック】

先週、Peter Hans Kolvenbach(コルベンバック)という人物とある人物との
会話を白龍会メンバーが盗聴録音した。現在のコルベンバックの公式的な肩書き
を言うならば、ローマ教イエズス会の元総長である。しかし、その盗聴された
会話の中で、今でも彼が実質的なヴァチカンの最高指導者であること、また同時
に悪魔教の最高幹部であることを本人が認めている。そして、自らを闇法王、
もしくは地球の悪魔代理人と名乗るコルベンバックは、『我々が日本を地震兵器
で攻撃する命令を下した』と話し、さらには『魔術を使って日本を海底に沈め
る』と発言している。

******「フーミー」より抜粋******

【コルベンバック】

影の政府?
集ストの発信源?
このヒトに指示を出しているヒトがいるのでは?
我々が知っているどの組織にも属していないと、誰かが言っていた。







AM9:30
玄関で母親と来客を装った女性工作員の話し声。
最近は我慢するつもりは無い為、いつもの独り言で撃退。
「ストーカーしか能の無い場火オンナ」
「醜い馬場亜」
「汚い馬場亜」

PM2:35
台所で車両通過を装った音声送信。
小鳥の鳴き声。これは遠隔地の加害者だ。

PM3:06
玄関で母親と「坂○タ○コ」の話し声。
これも独り言で撃退した。
「ストーカーで金を貰う卑しい馬場亜」
「醜い馬場亜」
「汚い馬場亜」
「ストーカー犯罪者」
「ヒトゴ○シ集団」
こんな事を言われても、否定出来ないのだ。
この国はホントに腐っている。

PM4:10
玄関で母親と来客を装った女性工作員の話し声。
これも独り言で撃退した。

PM4:48
台所へ行くと幼女の奇声が始まった。
これも独り言で撃退した。

PM4:55
台所で小鳥の鳴き声。これは遠隔地の加害者だ。



PM11:20からPM11:50 入浴中
車両通過を装った音声送信が5回。
バイク通過を装った音声送信が1回。
幼女の奇声が1回。それも控え目だ。2回以上だと、反撃される為1回だ。
カエルの鳴き声の音声送信が5分程。これも小さい。
浴槽に浸かると、小雨が降り出した。
これは、遠隔地の加害者だ。
奴らは、天候操作も簡単に出来る。
この国難の時に、大切な税金がこんな事に使われている。
ホント、最低の奴らだ。








集スト被害者にとって心強い味方です。*倉良一さん*

創価学会池田カルト一派の脅迫を受けている方、
集スト被害者にとって心強い味方です。

以下は、倉さんのブログです。
白バラ通信 パンドラの箱
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/

******「白バラ通信 パンドラの箱」より抜粋******

BLOG Introduction

 ありがとうございます。ようこそ、「白バラ通信 パンドラの箱」にお越し下さいました。

【管理人自己紹介】
本 名:倉良一(たかくらりょういち)
性 別:男性
出生地:鹿児島市
職 業:大学教員
趣 味:思索と散歩と映画鑑賞
習い事:書道とヨガと水彩画
資 格:温熱刺激療法イトオテルミー療術師
   マインドマップ・アドバイザー(申請中)
座右の銘:「賢聖は罵詈して試みるなるべし」(日蓮の言葉)
     「永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。」
     “Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.”
                  (ジェームズ・ディーンの言葉)

 さて、人類にとって希望は存在しているかと問われたら、あなたは、どのように答えられますか?

 かつて私は、希望は存在しないと考えたことがあります。
 これまでの歴史において、人間の尊厳を守る社会を実現しようとして、どれ程多くの人々が殺されたことでしょうか。にもかかわらず、21世紀を迎えた現在でも、夥しい人々が戦乱や

自然災害による飢餓で苦しんでいるからです。

 しかし、私は、希望は存在すると考えるようになりました。

 なぜならば、絶望的な状況の中で、人間の尊厳を実現すべく、真剣に生き、かつ、殺された方々に対して、希望が存在しないと考えることは、失礼であり傲慢の極みだと考えるようにな

ったからです。

 そして、このような状況の中でも、希望を実現すべく真剣に生きておられる方々が存在しているということ自体が、人類にとって希望が存在している証拠だと思うようになりました。

 このブログでは、人間ばかりではなく、地球環境そのものを大切にしようと世界各地で奮闘しておられる方々と連帯すべく、私のささやかな思索と実践を綴って参ります。どうぞよろし

くお願い申し上げます。

 将来、このブログは、大幅に加筆修正を加えた上で出版しようと考えています。その際、皆様方から寄せられたコメントを掲載することは致しません。どうか、安心して、気軽に、そし

て、自由にコメントを投稿して頂ければ幸いです。

 ただし、ブログの本文の中で、コメントの一部を学術論文の引用形式で取り上げた場合に限り、掲載させて頂くことがあるかもしれません。

 なお、品位を書くようなコメントは速やかに削除させて頂きます。

 では、ブログの本文をご覧になる前に、まず、2011年2月26日に掲載した
「闘争宣言」をご参照下さいますようお願い申し上げます。

2011年2月26日に、全日本法教育研究会創設準備委員会が「日本の根幹としての法教育の基礎とは何か」とのテーマで開催した講演会とシンポジウムの模様は、以下の岩上チャンネ

ルで視聴することができます。

私の「闘争宣言」をご覧になられたら、つぎに、「創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3」に掲載されている訴状をお読みになられて下さい。
それから、この講演会とシンポジウムの動画をご覧下さい。私は、講演会の部で司会を担当しています。

なお、しばらくして都合によりURLが変更となる場合がありますのでご注意下さい。

  前半(休憩前) http://www.ustream.tv/recorded/12946888

  後半(休憩後) http://www.ustream.tv/recorded/12949008

講演会の講師とシンポジストは、三井環氏(元大阪高検公安部長)、天木直人氏(元駐レバノン日本国特命全権大使)、仙波敏郎氏(元愛媛県警巡査部長、元阿久根市副市長)、生田暉雄

氏(元大阪高裁判事、現弁護士)です。竹原信一氏(元阿久根市長)も飛び入り参加されました。

三井環氏は、検察庁の裏金作りの実態を、テレビで実名告発しようとした寸前に口封じのために逮捕された方です。

天木直人氏は、小泉内閣のイラク戦争支持に反対する公電を2回打った結果、外務省から実質的な解雇処分をされた方です。

仙波敏郎氏は、警察の裏金作りを実名で告発し、その後の圧力に屈することなく職務を全うされた方です。

生田暉雄氏は、最高裁判所の裏金作りの問題を追及されておられる方です。私が、創価学会池田カルト一派を訴えた裁判の代理人でもあります。

この講演とシンポジウムの紹介記事が、元外交官の天木直人氏のブログに掲載されました。ブログのアドレスは、下記の通りです。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/02/23/#001838

それから、創価学会に関する事柄が原因で、家族間で紛争が生じている場合には、その相談に応じます。メールで、その詳細をご連絡下さい。

私には、創価学会池田カルト一派の脅迫に屈しない優秀な弁護団もついております。法的な対処法などについては、弁護士の皆さんをご紹介致します。

 当サイトはリンクフリーですが、その際には、下記のアドレスまでご連絡下さい。
 また、個別にご連絡されたいことがございましたら、同じアドレスにメールなさって下さい。

     r08091016@yahoo.co.jp

******「白バラ通信 パンドラの箱」より抜粋******

集スト被害者としては気になります。*「フランスのカルト認定の経緯」。*


証拠「フランスのカルト認定の経緯」。
これを裁判所はどう判断するのでしょうか?。

集スト被害者としては気になります。
陰ながら、倉さんを応援します。

以下は、倉さんのブログです。
白バラ通信 パンドラの箱
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/

******「白バラ通信 パンドラの箱」より抜粋******

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その3

 平成23年1月7日付けで、東京地方裁判所に提出した訴状を掲載します。
当初は、分割して掲載する予定でした。しかし、読者の皆様に、その内容をご理解して頂く上では、一括して掲載した方が良いのではと考え直しました。
長文となりますが、最後までご高覧下さいますよう、お願い申し上げます。

訴状 

住所(略)
原 告     倉  良  一

住所(略)
(送達場所)
原告訴訟代理人
弁 護 士  生  田  暉  雄
電話(略)
FAX(略)

住所(略)
被 告   原  田    稔

住所(略)
被 告   山  本  哲  史

住所(略)
被 告   田  村  隆  雄

住所(略)
被 告   佐 々 木  信 行

損 害 賠 償 請求 事 件

訴訟物の価額  金3,000,000円
貼用印紙額     金110,000円

第1、請求の趣旨

1、被告らは、原告に対し、連帯して金3,000万円及びこれに対する平成20年2月24日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

2、訴訟費用は被告らの負担とする。

との判決並びに第1項に対する仮執行宣言を求める。

第2、請求原因

1、当事者

 ⑴ 原告
原告は、香川大学教育学部の教授である。
原告は学生であった九州大学法学部時代に創価学会に入会し、それ以降熱心な学会員である。

⑵ 被告

 ① 原田 稔
   創価学会会長で、創価学会会員の監督責任者である。

 ② 山本哲史
   創価学会副会長で、未来部本部長である。創価学会会員の四国担当副会長である。

   ③ 田村隆雄
     創価学会副会長で、創価学会九州長である。

   ④ 佐々木信行
     創価学会会員で、香川大学教育学部教授である。

 2、本件の背景

⑴ 原告の妻との結婚のいきさつ
  原告は、昭和60年5月創価学会の先輩夫婦の紹介で知り合った。
当時原告は、九州大学法学部助手であった。
  原告及びその妻(和美)は、知り合う前から創価学会に入会していた。
  昭和61年2月23日、原告と和美は婚姻した。
  昭和61年10月、原告は香川大学教育学部助手となった。和美は専業主婦である。

⑵ 結婚以来原告夫婦は創価学会へ寄付を続けていたが、平成6年頃、原告夫婦は創価学会へ、寄付を増額して年間100万円することを話し合った。
  平成16年頃までは、夫婦は順調に創価学会へ寄付を続けていた。

⑶ 原告は、創価学会が日蓮大聖人の仏法の広宣流布を実践する教団であることに感激して入会し、学会員として熱心に活動していた。
  しかし、平成15年頃から、創価学会のやり方や池田大作名誉会長の行動に疑問を感ずるようになった。

 ⑷ 平成17年末頃には、原告は、創価学会に多額の寄付をすることの意義に疑問を感じ、創価学会に寄付するならユニセフに寄付する、と和美に話し、その通り実行した。
   これに反し、和美は、原告が池田名誉会長を悪く言ったおわびであるとして、金500万円を創価学会へ寄付した。

 ⑸ その後、創価学会への寄付をめぐって、原告と和美との間で意見の相異が続けられることとなった。

⑹ 平成17年頃から原告は、真の創価学会員はどうあるべきかと、事あるごとに和美に話した。
  一方、創価学会のあり方、池田名誉会長に何の疑念も感じていない和美はノイローゼ気味となり、夫婦間の会話が困難となってきた。

⑺ 原告は、平成19年10月6日朝、創価学会の問題点を書いた1000頁にわたる6冊の日記(以下「本件日記」という)を和美に渡した。
  和美に真の創価学会の会員としての活動を理解してもらうためである。

⑻ しかし、和美は原告の真の意図が理解できないまま、平成19年12月25日原告と別居を決意して、九州の実家に戻った。

⑼ その頃、創価学会九州長の被告田村隆雄は、本件日記を和美から取り上げ、これを創価学会東京の本部へ差し出した。
  原告が反創価学会活動をしているとの証拠とし、それの発見者である田村自身の売名行動のためである。

 3、本件日記について

  ⑴ 創価学会は、法華経に基盤を置く宗教である。
  
    法華経を世に広める二つの姿勢がある。
    一つは、摂受(しょうじゅ)であり、他の一つは折伏(しゃくふく)である。
    摂受とは、相手の立場を認め、これと平和的関係を持ち続けながら、仏法の大義を説く行き方である。
    折伏というのは、平和の状態がたとえ破られても、相手の不完全さを自覚させ、完全な道へと導き入れるやり方である。
    創価学会は折伏を基本としている宗教団体である。
原告の創価学会歴は、法華経 ― 創価学会入会 ― 学会活動である。
和美の創価学会歴は、幼少時より創価学会の家庭に育つ ― 創価学会入会 ― 学会活動である。
    原告及び和美は、同じく学会活動家であるとしても、その創価学会歴を大きく異にするのである。
    原告は、基盤に法華経があるので、摂受(しょうじゅ)の余地を持ちながら、事に臨んでいる。
    これに反し、和美は、基盤が創価学会そのものである。特に創価学会において、戦後折伏(しゃくふく)を強力に進めていた時期に創価学会の家庭に育ったことから折伏(しゃく

ふく)に強い親和性がある。和美は、折伏(しゃくふく)以外は考えられない体質に育てられている。この折伏路線に乗り、和美は婦人部会で異例の地位の上昇を果たしている。

  ⑵ 個人が信仰で救われるだけでなく、他人も同時に救わなければならないとする大乗仏教にのっとる法華経を基盤とする原告は、法華経の教えと大きく矛盾する個人崇拝である「池

田カルト」を認めることがどうしても出来ない。
    原告にとっては、法華経の弘通が最重視されるべきなのである。
    和美は、折伏を最重視する創価学会の活動家で、創価学会の在り方を疑問視すること自体が、許せない悪行なのである。まして、尊敬する池田名誉会長を「池田カルト」と誹謗す

ること自体、大変な悪行である。
    原告・和美間の宗教観の違いは、以上のようなものであるが、これはこれとして、夫婦・家庭内の宗教観の問題である。
    問題は、この家庭内の問題を、創価学会が学会として取り上げたこと自体、さらには、家庭問題に介入してきたこと、その介入のやり方、介入の質と程度にある。

  ⑶ 池田カルトつまり個人崇拝が仏教の大義と矛盾することを、原告が和美に説得しようとして、原告は池田カルトの矛盾を和美に理解してもらうため摂受(しょうじゅ)の一つの方

式として、日記の方式を取った。
    折伏路線に凝り固まっている和美は日記を見て、許すべからざる悪行として、女性幹部等、学会幹部に日記を見せた。
    日記は、女性部会から九州の幹部、創価学会本部へと流れ、原告の居住する四国の幹部にも知らされ、創価学会は、日記の作成者である原告を反創価学会行為をする異端者として

、原告の背景、同調者を調べるべく原告を査問することにした。
    本来、夫婦・家庭内の宗教観の問題を、創価学会は、学会問題と捉えたのである。学会問題とするだけでなく、原告を厳しく査問したのである。
    法華経を基盤とする創価学会において個人崇拝は、仏法の大義と矛盾する問題であるとの問題意識を常にかかえながら存続をしてきた。
    そこで、この個人崇拝問題を、たとえ家庭内問題としても、指摘されることに過剰反応してしまったのである。
    本来が家庭内の問題であるべきであるのに、反創価学会問題として、学会問題として捉えてしまったのである。
    そして、さらに問題は以下論ずるように、過剰反応の質と程度にある。

 4、被告らの不法行為

 〈その一、査問による強迫、強要〉

   ⑴ 日記は個人にとって、第三者に対しては秘密にしておきたいものである。日記の公開は、あたかも裸体を公衆の前にさらすにも似た行為である。本件日記も原告は妻に真実を理

解させる手段としてとったもので、第三者に公開することは全く考えてもいない。
     そのようなプライバシーの日記を、被告田村は妻から取り上げて、創価学会の本部に渡し、創価学会は査問の根拠とした。
本件日記を詳細に検討した創価学会本部は、日記に出てくる名前の人の関連者約400名近くの者を詳細に調べた上、さらに、原告が①創価学会の内部情報を外部に流しているのではない

か、②原告の同調者は誰か、③黒幕は誰か、④反創価学会活動をしている元公明党参議院議員であった福本潤一との関係、ということで、原告を査問することにした。

   ⑵ 原告の査問に先立ち、平成20年2月14日、本件日記に名前の出ている和田公雄について査問により強迫、強要して、和田が倉の黒幕ではないのかと追及した。和田は平身

低頭し、土下座して査問に服したが、一点だけ、倉一家を不幸にしないよう哀願した。
     和田に対する査問は5時間余りであり、大勢の学会幹部の前で徹底的な査問がされた。
和田の査問の中で原告倉の処分については、倉は、創価学会の内部情報を漏らした反逆者であると断定し、青年部の機関紙である創価新報に本件日記を掲載して、原告を仏敵として人

間として存続できないよう追い詰める大キャンペーンを行うというものであった。
     また高松の創価学会員が、原告倉を何らかの方法で殺すと言っている、ということもその場で創価学会の幹部から漏らされた。

   ⑶ 平成20年2月24日午後から東京の京王プラザホテルの一室で、原告は、被告山本から、和田も同席して約3時間に亘り上記①~④の点について徹底して査問により強迫、強

要され、和田のときの倉の処分を告知して強迫された。最後に妻に詫び状を書くよう指示された。

⑷ 査問の直接の証拠資料である本件日記の提出者は、被告田村である。被告田村は個人のプライバシーの記録を創価学会の地位を利用して取り上げ、創価学会本部へ送ったのである。

⑸ それだけでなく、原告は、平成19年12月30日、平成20年1月8日、同年1月17日の3回に亘り、創価学会本部から指示を受けた被告佐々木から上記①~④について査問を受

け強迫、強要され、平成20年1月23日には、被告佐々木は査問に事寄せて、自分のマンションを原告に買うように強要した。さらにその後も被告佐々木は、4~5度に亘って、査問に

事寄せて、原告に査問続行の機会を迫った。

 〈その二、創価学会による和美と原告の離婚訴訟〉

   ⑴ 本件日記からだけでは、上記原告に対する①~④の嫌疑を明らかに出来ない創価学会は、原告を経済的に困らせようと考え(被告原田発言)、資産家である妻和美を原告と離婚

させ、原告を困らせようと画策した。

⑵ 平成22年1月15日、創価学会は学会員の弁護士を代理人として、和美から原告に対する離婚の訴を提訴した。

⑶ 離婚事由は、和美の、本件日記により、原告とは一緒に生活出来ないというものである。

⑷ これに対して原告は、離婚の訴自体、創価学会が主導しているもので、法的争いとしての離婚訴訟ではないとして、答弁書及び準備書面9通(平成22年11月22日現在)で、否認

している。

⑸ 離婚訴訟が創価学会の主導であり、離婚訴訟の実質上の原告は創価学会であるという倉良一の主張に対して、和美側、即ち創価学会側は、肯定も否定も、何らの認否をしない。

⑹ 和美が原告と離婚するとの離婚訴訟において、創価学会が実質上の原告であるということを否定できないのは、倉良一提出の答弁書、準備書面、証拠の一切を創価学会弁護士は和美

に知らせず、和美を離婚訴訟進行の埒外に置いている等のこれまでの創価学会側の経緯から見て当然のことである。

 〈その三、被告らの不法行為のまとめ〉

   ⑴ 夫婦といえどもそれぞれ信仰の自由があり、信仰が違うというだけで夫婦生活の全般が実質上破綻していない以上、離婚事由にはならないことは確立された判例である(名古屋

高判、平成3年11月27日、判タ789号219頁)。

⑵ まして本件日記は夫婦間のプライベートなものであり、これを根拠に創価学会が査問により強迫、強要すること自体、プライバシーの侵害であって不法行為であり、まして、創価学会

会員中に倉を殺すという者が居るということを告げることは、明らかに強迫罪に該当するものであり、被告らの不法行為責任は免れ難い。

⑶ 加えて、創価学会が和美に実質上代わって離婚を申立て、離婚訴訟を推進することなど、婚姻における個人の尊厳を保障した憲法24条に明白に反するきわめて悪質な不法行為である



5、結論

⑴ 原告は被告らに対し、共謀の上、違法な離婚訴訟を推進したことを理由に民法709条、719条に基づき、またプライバシーを侵害して日記に基づき査問したことに対し、さらには

被告原田に対しては、監督責任を行ったことも併せて、民法709条、719条、715条に基づき不法行為責任として、本訴を提起した。

⑵ 原告の受けた損害は、原告の大学教授という地位からみても、金3,000万円を下らない。

⑶ よって、請求の趣旨記載の本訴に及ぶ。

以上

第3、証拠

1、甲第1号証 フランスのカルト認定の経緯  1通
2、甲第2号証 離婚訴状           1通

第4、添付書類

1、各甲号証   各1通
2、委任状     1通

平成23年1月7日

原告訴訟代理人
弁 護 士  生  田  暉  雄

東 京 地 方 裁判 所 御 中

******「白バラ通信 パンドラの箱」より抜粋******

集スト被害者なら皆知っている。


誤解を恐れずに書くけど。
集スト被害者なら皆知っている。

犯罪者集団。
人ゴ○シ集団。

また、何か企んでいるようだ。
日本を放射線で汚染し、さらに・・・。
数字遊びが好きな、カルト集団。

311テロの次は422テロだ!。
皆さんが注目すれば、奴らもやり難くなります。
今日から2日・3日は注意を・・・。


ターザンさんのブログにも「■2011/04/21 (木) ●HAARPが蘇った。不気味●」と・・・。

さるさる日記 - ターザンのジャングル日記
http://www5.diary.ne.jp/user/515816

「HAARP」の過去データ削除。
2011421-114919.jpg


ヘッドホンのノイズ工作有り。


PM11:08からPM11:40 入浴中の加害工作。

1.電車通過を装った音声送信。小さな音だ。
1回目は10秒程度。2回目は60秒程度。不自然に長い

2.車両通過を装った音声送信が5回。

3.浴槽から上り身体を拭いていると、バイクの通過を装った音声送信。

4.洗濯器の小さい音声送信。



PM11:43
隣家加害者が床を子供の足で「ドン」。

PM11:48
ヘッドホンのノイズ工作有り。

PM11:52
一瞬だけ両目の痛み。
電気的な痛み。


今日の画像は無い為、隣家加害者の過去の画像を・・・。
20100822_1814m11.jpg





PM11:56
私がパソコン作業を始めると兄が部屋から出てトイレへ。
部屋へ戻ってきて、ドアを「ドン」と閉める。

小さな音だが、嫌がらせを意識させて感にさわる。


AM0:05からAM0:25
入浴中に電車通過を装った音声送信。
小さな音だが、嫌がらせを意識させて感にさわる。
2分の間に3回程。
車の音声送信は2回。
対向手段が思いつかない為、過去の画像を・・・。
100711K05.jpg

「被害オヤジ」さんからの拡散依頼です。


「被害オヤジ」さんからの拡散依頼です。

戦え!!集団ストーカー被害者 続・集団ストーカーの解決を真剣に考えてみました
http://kousuke0714.blog19.fc2.com/blog-entry-437.html



******「被害オヤジ」さんのブログより抜粋******

<拡散希望>

現在、日本ではとても危険な犯罪が蔓延しています。それらは一般の人にはわからないよう行われていますが、日々、一般の罪のない被害者が増えている状況です。アメリカではニュース

番組でいくつか取り上げられており、いくつも裁判が行われています。以下は翻訳のニュース内容です。是非、こちらの動画をご覧になり拡散のご協力お願いします。実際に日本でも多く

の被害者が苦しんでいます。犯罪の名前は集団ストーカーといわれています。

Gang Stalking and Electronic Harassment in national TV
http://www.youtube.com/watch?v=vA7r4T-OzAY
Do You Believe in Government Mind Control_ -- Part 1_ Mary Ann Stratton
http://www.youtube.com/watch?v=M_RXC2QeZ0A
Gang Stalking, _Bullying on Steroids._ GangStalking _ Organized Stalking
http://www.youtube.com/watch?v=uxN9-3Dwv5s

******「被害オヤジ」さんのブログより抜粋******

「どうせ死ぬなら、戦って死にたい」*ベンジャミンさん*

AM7:20
覚醒の強要。
就寝中に両目への電磁波攻撃を受けたようだ。
目を開けることが出来ない。
両目の疲労感とまぶたの裏がゴロゴロする感じだ。
車両通過を装った音声送信も始まった。

AM7:30
目ざましが鳴るが、不自然な疲労感により再び横になる。

AM8:00
やっと、目を開けることが出来た。
ベッドから起き上がることが出来た。
両目の疲労感も緩和した。




311テロ。

1.放射線被ばくによる人口削減。
「安全です」と言いながら被ばくを助長してきた。

2.線量計の出荷規制で隠ぺい工作を計る。

3.廃炉の判断をし、コンクリートで塞ぐことをいまだにやらない。

4.マグニチュード9.0はねつ造だ。
 被災者補償で東電が倒産する為、「モーメント・マグニチュード」にスケール変換したと・・・。
 阪神大震災とはマグニチュード基準が違う為、意味のない発表だ!。

YouTube - 広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」
投稿者: OPTVstaff | 作成日: 2011/03/23
http://www.youtube.com/watch?v=3UXtyqdGgmI&feature=youtu.be



AM8:50
NHKは「不妊治療」。民放は「佑ちゃん」。

AM8:51
私の部屋の北側から、車両通過の音声送信。
小石をタイヤが踏むノイズだ。




誰も逆らえない、イルミナティ。
カンさんもエダノさんも・・・。
逆らったら生きてゆけない。

ベンジャミンさん :
「どうせ死ぬなら、戦って死にたい」

集スト被害者も逆らったら、奴らにヤラレる。
大人しくしていても、ヤラレる。
「どうせ死ぬなら、戦って・・・」
上手に逆らわなくては・・・。

ダブル人災によって,日本民族が滅びる!*飯山一郎さん*

飯山一郎のLittleHP
http://grnba.com/iiyama/


******飯山一郎のLittleHPより抜粋******

◆2011/04/13(水) 昨夜,日記に殴り書きしたこと.
東電福島の原発事故は,人類史上最悪の災厄である.
この大災害は,「13重の意味で最悪」である.
1.大型の原発4基が全て爆発し,炉心が露出,大量の放射性物質が大気中に放出されてしまったこと.
2.原発4基の現場は,強烈な放射線で手も足も出ない状態であること.
3.原発4基の現場の状況が悪すぎ,収拾のメドが立たないどころか,もはや解決は不可能であること.
4.今後数十年にわたり,溶融壊滅した原発4基から放射能が出続けること.
5.高濃度放射能水が,海洋にもダラダラとタレ流され続けること.
6.人類史上最悪の大災害なのに,政府・マスコミが国民を洗脳して「安心感」を植えつけてしまったこと.
7.東電福島原発からの放射能降下で,関東東北が(大袈裟ではなく)放射能地獄になってしまったこと.
8.大多数の国民は,最悪状況だとは認識してない.
9.原発事故発声の当初から政府は最悪の事故であることを知りながら,これを隠し,国民を騙してきた.
10.最悪の事故だと知りながら,政府は適切な対策を一切!打たなかった.
11.今後,さらに巨大な地震発生の可能性が大きい.
12.今後,もんじゅ・浜岡など,第二・第三の原発災害が予想される.
13.今後,すべての大災害に対して,政府は無力のままである.
14.今後,放射能が日本人の遺伝子を激変させ,従来の日本民族は滅びる.
以上を要約し,マトメると…,
激甚な原発災害(人災)と,無能無策な政府(人災)によって,日本民族は滅びる.
ダブル人災によって,日本民族が滅びる! ←大多数は全く信じないだろうが….

******飯山一郎のLittleHPより抜粋******



被爆により日本民族が滅びる!
全く同感。

国民の多くが正しい情報に触れず、知らずに被爆してゆく・・・。

チェルノブイリの取材時でも振りきれたことは無いんです。* 広瀬隆/広河隆一*


YouTube - 広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」
投稿者: OPTVstaff | 作成日: 2011/03/23
http://www.youtube.com/watch?v=3UXtyqdGgmI&feature=youtu.be


1.「原発爆発この先立入禁止」

広河隆一さん :
「政府が原発爆発はしておりません。」と報道していた時に、
現地では、緊迫感を持って対応していました・・・。
2011417-232113.jpg




2.放射線検知器は・・・。

広河隆一さん :
私の放射線検知器は振りきれてしまって、役にたたなくなりました。
チェルノブイリの取材時でも振りきれたことは無いんです。
2011417-231822.jpg

最近は私が大声で反撃する為、その加害工作も控えめだ。


今日の加害工作は、音声送信と家族の話し声による騒音工作。
最近は私が大声で反撃する為、その加害工作も控えめだ。
家族の話し声も、私が反撃しない程度の大きさだ。
今日は全ての加害工作に対して、声帯振動「ウーウー」で対処出来た。
音声送信をキャッチした瞬間に、「ウーウー」と声帯を振動させると
遠隔地の加害者が工作を諦めた。
もちろん、一時的な加害工作の緩和かもしれないのだが・・・。

PM10:15
隣家加害者の騒音工作。
フローリングの床を子供が走り回る。
ビデオ撮りするのも面倒だ。
今回は止めよう。
その代わり、過去の画像を・・・。
20100816_1644m12.jpg
20100724_2148_m120.jpg

走る魚屋の音声送信。

AM10:20
1.走る魚屋の音声送信。
2.普通車の小さなクラクション2回。これも音声送信だ。

AM10:39
1.隣家加害者の床を足で「ドン」。
これは重い音で音声送信。
2.車両通過を装った音声送信。

AM10:46
バイクの音声送信。
異常に大きく、直ぐに消えて不自然。

AM11:15
このブログの下書きをしていると、左ヒジのカユミ。
隣家加害者だろう。

隣家加害者も奴らの言う事を聞かなければ被害者となるのだろう。

今日の画像が無い為、以前のものを・・・。
20100822_1814m11.jpg


誰も逆らえない、イルミナティ。
カンさんも、オバマさんも逆らえない。
今日のブログ確認で、ターザンさんのブログにも・・・。
私も同感だ。
優秀な日本人とドイツ人が怖くて仕方が無い。

ドイツもEU加盟で、奴らの支配下に・・・。
まだ、日本は円を発行している。
独立とは、自国通貨を発行出来るとゆうことだ。
優秀なドイツ人だが、今ではその権利を失ってしまった。
この意味において「日本は独立国だ!」。
アメリカの経済的植民地だが、自国通貨を発行している。
この事だけは、「独立国だ!」。

奴らは金で支配する。
その邪魔になるのが、日本人と日本の通貨「円」だ。
だから奴らは、今後もテロを仕掛けてくる。

BESで日本の畜産を崩壊する。
全国の畜産の大元である宮崎を攻撃。
福島原発テロの放射線拡散で農産物汚染による農業壊滅を狙う。

世界共産思想で世界支配を企む。
資本主義社会においては、通貨発行権を不法に握ることで支配する。
反日政治家を使い日本を内部崩壊させる。
日教組とゆとり教育で日本人を愚民化する。

ヒットラーを基地外にして、ユダヤ人国家イスラエルを作る。
そして、イスラエルを利用して第3次世界大戦を計画する。

ヒットラーは600万人も殺していません。
犬が大好きな優しいヒトでした。
ヒットラーの最後ですが・・・。
大好きな飼い犬をピストルで打つなんて出来ません。
医者から渡された青酸カリをこの飼い犬に使いました。
青酸カリは苦しまない為のものです。
飼い犬の後、ヒットラー自身はピストルを使いました。
ヒットラーは倫理観が高く、そして優しいいヒトでした。

偽ユダヤ人を投獄しましたが、大量殺りくはウソです。
その多くは投獄中に疫病で無くなりました。
だから、犠牲者の写真は皆痩せています。
ガス室で亡くなった場合、犠牲者の写真には太ったヒトが映っているはずです。
太ったヒトの写真は有りません。
全てねつ造だからです。

奴らはユダヤ人迫害をねつ造する為に、ヒットラーを基地外にしたのだ。
そうしないと、ユダヤ人国家イスラエルの建国理由が無くなってしまう。

途中ですが、この続きはまた・・・。

ホント、地味な嫌がらせだ。


PM10:31
いま、パソコン操作中に・・・。
隣家加害者による騒音工作。
フローリングの床を足でドン。
それが、ビデオ撮りする程は大きく無いのだ。
これでは、ビデオ撮りしても上手く録音出来ない。
小さな音で、俺が油断した頃を狙って仕掛けてくる。
ホント、地味な嫌がらせだ。
対向手段が思いつかない。
今日の画像が無い為、以前のものを・・・。
PM10:39__あ、また「ドン」。

20100822_1814m11.jpg

今日の音声送信対策は、声帯振動で対処した。


今日の加害工作は昨日よりは控えめだった。
今日は意識的に大声を出さなかった。

PM9:21
今このブログの下書きを始めたら、
バイクの音声送信。
不自然に大きく、また通過時間が短かった。
自宅前の道路形状とバイク通過騒音と全く合わない。

今日の音声送信対策は、声帯振動で対処した。
子供がオモチャの車で遊ぶ時の、あの「ウーウー」だ。
音声送信の気配を感じたら、「ウーウー」。
ただこれだけ。

これは、遠隔地の加害者が不快に感じるらしい。
声の大きさより、振動がポイントのようです。
遠隔地の加害者への妨害になっていることは解ります。
鳥の鳴き声も、これで対処しました。
鳥の鳴き声が止んだことが、この対策によるものかは微妙ですが・・・。

昼頃パソコン操作中に、女性の話し声が聞こえましたが、
パソコン作業を中断したく無かった為、音楽をヘッドホンで聞きました。
この加害者は、それ以上の工作を仕掛けて来ませんでした。

自由人 さんからの「拡散依頼」 *生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会*

自由人 さん からの「拡散依頼」です。

西宮市大畑町のテクノロジー犯罪&集団ストーカー:So-netブログ
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/archive/



******「自由人 さん」のブログより抜粋******

生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会 [拡散希望]

2011年2月28日から3月1日に【生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会】の第4回公聴会が連邦議会で開催されました。ペンシルバニア大学学長で生命倫理大統領諮問委員会議長の

エイミー・ガットマン博士(Amy Gutmann)、エモリー大学学長で同委員会副議長ジェームズ・ワーグナー博士(James Wagner)、連邦政府常任理事ヴァレリー・ボーナム氏(Valerie

Bonham)が出席され、アメリカの被害者達が順次被害を報告されました。アメリカでは既に『テクノロジー犯罪&集団ストーカー』が、重大な社会問題として取り上げられています。

生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会 PDFファイル
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news05.html

***被害報告から幾つか引用してみましょう。***

シャネイフェルト(男性)
アラバマ州バーミンガム在住の、マイケル・シャネイフェルトです。この公聴会に提出している問題は、2001年海軍の潜水士から接触されたこと、ダイバーが米海軍から盗んだ音声兵器を

使ってみないかと持ちかけてきたことが発端です。彼は海軍から盗んだ兵器と言っており、その兵器が人間の中枢神経にどのように作用するか教えてくれました。そして、ある事をするの

を手伝ってくれないかと持ちかけられたのです。その後2006年に、私の生活は一変しました。真夜中に胸の中心に強い電気ショックを受けて目を覚ましました。それ以降、心臓に問題が生

じました。二段脈、不整脈が始まったのです。病院では医師に、胸に電気的な衝撃を受けていると診断されました。その後、切除手術を受けて現在は問題がありません。その後、衝撃は肺

に移り、それから腎臓に移りました。その後膀胱に移りました。それから皮膚に移り、常にどこかに衝撃を受けています。医師には何度も何度も診てもらっています。兄弟には医者がいま

すし、姉妹には看護師がいます。いとこも看護師です。医学的な症状や医学的な見解を話す相手が周囲にいたのです。何か悪いことが起こっているのは確かで、被験者のような気分です。

政府にも問い合わせて、回答を得ていますが、何もしていないようです。すべての報告書をお渡ししています。内容は書面で御確認できます。

ライアン(男性)
シーナ・ライアンです。アメリカ国籍です。1976年から(不明)アメリカに居住しています。今回は、今後も予想される、また現在進行中の問題を議長に報告し、実験が継続中であり、人

間として抵抗していることを説明させていただきます。2008年9月から、合意なく脳研究の実験のターゲットにされたと確信しております。研究者は心をコントロールし、遠隔電子装置に

より命令を送り続けています。過去2年半にわたり、常に電気ショック、睡眠妨害、睡眠遮断、呼吸困難、身体の様々な部分への局所的な激痛、電話やベルの耳鳴り、身体の加熱、恐怖の

夢、突然の恐れや不安の誘発の被害に遭っています。ほとんどの被害は、住居内にいるときに起こりますが、突然、屋外で人や装置が目に入らないときに起こることもあります。この実験

は、接触せずに、また人のいないときに行われています。このような非人道的な痛みを伴う拷問には、私の思考や記憶の読み取りも含まれています。ここでは、私をコントロールし、29か

月間にわたり私を過酷な痛みにさらしてきました。この間、健康は損なわれ、医療保険もそれほど足しにはなりません。生活は危険にさらされ、政府の支援を必要としています。ただ、こ

の苦痛を伴う拷問を取り除き、元の生活に戻してもらうことだけを望んでいます。以上です。

ホール(男性)
ジョン・ホール、テキサス州の医師です。大統領の覚書は理解できますが、現在の法律が個人の保護に適切であるか、また実験が実施されているかどうかを判断するのは政府の責任です。

施行中の規則を調べると、インフォームドコンセントには抜け穴がたくさんあるのは明白です。今回の委員会で述べられた恐怖の実験、ウィローブルック(実験)、MKULTRA、放射線実験

はほとんどがインフォームドコンセントなしで行われています。実験はDODや諜報機関の資金で実施されています。確かではありませんが、IRB(施設内治験審査委員会)が設置されている

かどうか、さらにIRBがインフォームドコンセントを検討しているかどうかも把握できない状態です。本日の公聴内容に関連した地域の医師として、電磁兵器の使用に対する不満に驚くほ

ど多く接しています。マイクロ波音声効果、超音波スペクトル、EEGクローンなどは研究室で使用されていたのが民間に流出したものです。今回の調査によると、このような機械はほとん

どが遠隔から操作できます。医学的調査よりも多くの調査が兵器分野で行われているようです。個人的に1500名以上の患者に対応してきました。国内のあらゆる州から来院する患者はすべ

て、電磁放射や非電離放射を浴び、認知や行動が制御されていると訴えています。すでに書面を提出していますが、同様の内容を記載したカンサスシティ在住の医師の書面も、皆様に配布

されていると思います。

マーシャル(女性)
コニー・マーシャルです。ケンタッキー州ルイジアナの市長選挙に立候補した経験があります。犯罪歴はありません。ケンタッキー州政府の問題を記載した書類を、銀行口座で見つけまし

た。情報を公開する前に、連邦政府の文書業務をファイルで確認してください。私は指向性のエネルギー兵器による攻撃を8年間受けています。私が受けた拷問は、身体の加熱、身体の極

端な低温化、発作、心臓の痛み、耳痛、目の奥のかゆみ、目の奥の焼けつき、瘤、頭痛、無意識の脚の動き、疲労感、動悸と息切れ、化学療法を受けたときのような脱毛、無気力感、催眠

状態あるいは昏睡状態、無人飛行機や衛星による追跡、夢のコントロール、睡眠遮断、V2Kすなわち頭蓋内への声、音声の照射、筋肉の極度の痙攣と激痛、故意の転倒、御覧になっても構

いませんが、瞳孔の周囲の青い縁取り、自宅内の低周波騒音、自宅内の高周波騒音、性的な刺激です。コンピュータが4台、ファックス機が2台、電話機が7台、CDプレーヤーが4台、ドライ

ヤー、エアコンなど、自宅の多くの家電製品が壊れました。犯罪歴がないのに、1日24時間監視され、行く所はすべて尾行されます。私が市長選挙に出馬したとき、ディベートとフォーラ

ムでも攻撃されました。私のウェブサイトはwww.justiceforallcitizens.comです。御清聴ありがとうございました。このチラシを配布します。

ローゼンホルム(男性)
ピーター・ローゼンホルム、ロードアイランド在住です。他の皆さんと同じく、14年以上にわたって、毎日拷問をうけています。合意の上ではない人体実験です。遠隔的な攻撃です。秘密

裡に行われています。何度も証明するのは困難です。わたくしへの攻撃の多くは、マイクロ波兵器、MEDUSAを使ったものです。入院時の病院側のすべての書類に、放射性兵器で攻撃されて

いる、声が聞こえると伝えています。MEDUSAは今やすべての機能につながっています。私は海軍大学下院選挙区で、間違った診断および間違った投薬をされました。その誤診についても、

十分に証明してきました。あらゆる医療機関に当たりましたが、現在も拷問に遭っています。毎日の被害であり、同じ被害者も毎日被害を受けています。我々被害者が、同じ団体の誰かが

実際に参加できるように、当委員会への参加を希望していました。我々が犠牲者であるが故に実現したのかもしれません。同じ機会が期待できるでしょうか? 我々の声が届くでしょうか?

バッタリア(女性)
タミー・バッタリアです。私は合意もしていないのに、13歳から心理的実験に登録されています。政府の資金援助を受けた医師、企業のシンクタンク、研究者による数10年におよぶ実験の

間に、実験的な催眠術、精神的および生物的な試験が実施され、その回復に長年を費やしました。私は同意のない実験の被験者にされた年月の間、過酷な損失やトラウマに見舞われ、生活

がめちゃめちゃにされました。他の人体実験を実施する関係者は、被害者が受ける恐ろしい破壊的な影響を考慮しません。そのため、実験後のリハビリテーションも実施されていません。

同意のない被験者が絶えず被る、過酷な心理的および精神的なトラウマには注意が払われません。私のような多くの被害者が、架空の精神病と診断され、結果的に必要のない危険な治療を

受けるように指示されます。自由の大地アメリカには、正義はタダではないので、私たちが我慢するこの被害に対して正義を追求することができません。実験は想像し得るすべての権利を

侵害し、補償はありません。私あるいは他の被害者が警察や政府機関に接触すると、拒絶され、場合によっては強制的に精神病院に送られます。政府や軍の機関、あるいは米国医師会会員

による実験に合意したことはありません。初期の実験は、私が何のボランティアなのか、どのような結果になるか理解できない子供の時に、私に対して下された決定に基づいて実施されま

した。他の皆さんと同様に、このような実験が早急に立証され、公開されるべきだと考えています。ありがとうございました。

ラドラー(男性)
ジェレミー・ラドラーです。非合意による人体実験が、今日の米国で起こっているということを伝えたくて出席しました。私は5年以上にわたり、この実験の被験者にされてきました。こ

のような行為を実験と呼ぶのは真実ですが、目をそらす目的があるかもしれません。私は被験者の選定を左右する基準は、実験そのものよりも、いかに不祥事が大きくなるかを証明できる

かどうかにあると考えています。いわゆる実験を構成している心理的な拷問の手順には、限定はされませんが、非殺傷兵器や心を侵略する技術の使用が含まれています。睡眠遮断、苦痛の

中枢の刺激、さらに酷い攻撃が被験者に対して用いられます。インプラントとして身体に異物を挿入する実験もありますが、ほとんどはこのような手法は採られません。レシーバーを使わ

ない心に侵入する技術は、実験室状況の下でデモンストレーションされていますが、ほとんどの説明では、非常に微細なために、市販で購入できるスキャン装置に捕捉されないような異物

がインプラントされる実験とか、周囲の組織とは区別できないように構築された実験とか言われています。このような行為は非常に人が騙されやすいもので、秘密裏の技術が用いられ、す

べてにCIAの特徴が示されています。このような扱いを受けて隔離された個人に証拠の提供を期待するのは現実的ではありません。完全な調査が保証されるべきです。お時間を割いてくだ

さりありがとうございました。

ネスター(女性)
私はペンシルバニア在住のキャサリン・ネスターです。この委員会では、人間の研究被験者に対する虐待の長い歴史を公表してきました。今日ではMKULTRAを口にする人はいなくなりまし

たが、クリントン元大統領がこれについて謝罪したのは昔のことではありません。私の青少年の子供と私は、非合意の被験者として利用されてきました。私たちはCOINTELPROに似たストー

キングや、遠隔からの神経監視、電磁波による拷問を受け続け、心理的、身体的なダメージを受けました。ここに4ページにわたって書面にしていますので、詳細には触れないつもりです

。まるでコニーの証言です。この調査に70年も待つことなどできません。エイミー・ガットマン博士には、本日から調査を開始することを依頼します。米国での被験者保護のために、当委

員会が取り組む新しい作業です。私たちに劇的な回答をお願いします。また議会の公聴会も設置してください。ありがとうございました。

スナイダー(女性)
ミリアム・スナイダーです。教育者であり聖職者であり、人権擁護者です。この規制の外で行われている死に至るような人体実験の影響を被った、多くの被害者と活動しています。この問

題を公にしてから、私も被害者になりました。実際には過去に被害を受けました。私は当委員会に3つの質問に答えて頂きたく、この種の公聴フォーラム、公聴会で討議する手間を省くた

めに、また、このような重大な暗殺計画を速やかに進められるように、いくつかの奨励案の提出を希望します。人体実験は無実な人々を暗殺するために用いられており、2分以上の時間を

かけて進めるときではないかと考えています。私は同意できません。私は人生の時間を費やしてきました。こちらも耳を傾けているのですから、あなた方も倣って下さることを要望します

。まず、グアテマラとタスキギーの実験以降、無実の人々への特別な照射を通じた人体実験は、同様のことが行われていると理解されています。この委員会に要望するのは、継続的に行わ

れている人々への証明不可能な照射を停止するために、どのような措置が採られているかを取り上げることです。実験研究者に対して採られている罰則や保護の内容を知りたいのであり、

委員会で取り上げるべきなのです。殺傷性の兵器をウイルスを作り出した研究者の投獄です。人間により作られた殺傷性のウイルスが研究室から持ち出され、人間の身体に使用されるのを

止めるために、どのような措置が採られていますか? 研究者の投獄はいつ開始するのですか? 実施されるのですか?第3点目。エネルギー技術、特に電子的な拷問は、誰が監督しているので

すか? これは重要な問題です。待っているのです。私は2日間待ちました。電子的拷問ですよ。ここに出席している方は、皆拷問を受けていると話しているのです。放射を使った、スロー

キル計画に巻き込まれているのです。放射計画により、みつくちの乳児が生まれています。研究から証明されています。書類を提出しています。規制外の放射研究のために、みつくちの乳

児が生まれているのです。これを止めさせるために、何が行われてるのですか?このような人々は、規制の外で行われている放射研究、人体実験による犠牲者です。資金は莫大で、人々が

死んでいます。これを止めさせるために、何が行われているのですか? 分かりますか?神経画像については、照射で誘発された発作に関して途方もなく多くの研究が行われていることを確

認しています。照射により発作が誘発されるような実験、また電子技術を使った実験が、なぜ臨床で許可されるのでしょうか?次に個人的な奨励事項です。この委員会が人権のエキスパー

ト、大量殺りくのスペシャリスト、大量殺人の研究者とともに今回の問題に対処する、個別の委員会を立ち上げることを希望しています。このような被害が、大量殺りくを通じて実際に起

こっている事実が理解されることを希望しています。大量殺りくのドキュメンタリを製作した関係者のリストも用意しています。次に、マインドコントロール兵器、特に衛星を使ったエネ

ルギー技術についての市民から不満や、衛星を使って誘発される発作、マイクロ波の音声効果兵器、政府が支援するすべての精神操作、マイクロチップの注入の調査を希望します。要する

に、私たちは人体に入る前に注入や照射を確認する方法を追求し、このような殺傷的な戦法で人々を傷つける犯人を訴追することを要求しています。また、規制外の殺傷性のある人体実験

に関連した残虐行為を文書化した宣誓供述書を申請した、すべての被害者に対する補償を要求しています。このような犯罪行為としての人体調査の直接の結果として被害をこうむった人々

、この事実を暴露したホイッスルブロワに対する補償です。このようにまくし立てる必要がないように、フォーラムの設置を依頼します。私は2日待ちました。本当に、このように騒ぎた

くないのです。ありがとうございました。

ニコルソン(男性)
ナイジェル・ニコルソンです。強制的な心理的マインドコントロール計画の被害者です。この被害は2002年、誤認逮捕され、投薬されたときに始まりました。催眠術にかけられたと確信し

ています。その後まもなく、ニューヨーク消防局が行ったノイズキャンペーンと同時に、警察による嫌がらせを受けました。つまり年中、外出するたびに、心理的な消耗を引き起こすノイ

ズで激しく攻撃されたのです。仕事も邪魔されました。いわゆる暗殺型の計画に巻き込まれたのです。卑劣な行為をされました。私がいつも啓蒙してきた友人でさえ、皆完全に遠ざかりま

した。神経監視下に置かれていると確信しています。何かを考え、外出し、誰かが傍を過ぎると、私が口にした内容を繰り返すのですが、私はおかしくありません。いいですか? 口に出し

た内容とは関わりなく、このような犯罪を隠蔽するために精神病と診断されるプログラムの被害者に仕立てられるのです。個人の信用を落とすために、精神病に仕立てると、あるいは精神

病と診断されれれば、誰も私たちを信用しなくなることを私たちはすべて知っているためです。私も含めて、誰にも信用されなくなります。これが犯罪を隠蔽する方法なのです。

ジョーンズ(女性)
マイケリン・ジョーンズです。D.C.の公共住宅に住んでいます。ここには、特に今日のような経済状況下では、貧困家庭のほとんどが居住しているために申し上げておきます。私は

MKULTRAマインドコントロールの被験者です。また電磁波照射の被験者でもあり、証明できる多くのビデオを保管しています。これらのビデオを新聞社や、CDC(疾病対策センター)などの

様々な機関に持ち込んでいますが、皆極秘の内容のように拒絶します。弁護士からは、問題が大きすぎるとして支援を拒否されました。個人的な調査により、前下院議員シンシア・マッキ

ニーがCOINTEL活動の再調査に関する下院決議1026に基づき、再調査を請求していることを知りました。私は常にストーキングされています。私を追跡する多くの活動が秘密裡に行われて

いました。睡眠遮断はそれほど多くありません。起床や外出のために、無理に時計やラジオを点けたり、夜間に大量に飲酒しているためです。私は公的住宅の事務局長を始めとして、すべ

ての関係者に尋ねているのですが、最終的な公正な発言の場では私をここから追い出す権利は行使されていません。しかし、この方法が良かったか疑問に思い始めています。私は3回か4回

引っ越ししています。保安官代理や郡の保安官には、どこに行っても付いてくると言われました。被験者が選ばれるときに、組み合わされるのです。この医学的な虐待を徹底的に調査して

頂きたいと思います。また可能であれば、私に連絡して頂きたいのです。私は昨日までこの会議を知りませんでした。このように発言させて頂けたことに感謝します。

ホワイト(男性)
今回の問題に取り組む機会を一般に与えてくださった当委員会に感謝します。非常に多くの情報が集まり、非常に有意義で啓発的な機会でした。私はこれまでの状況をお話するために出席

しました。そうです、タスキギーの実験はまだ続いていますし、グアテマラの実験も続いています。しかし2つの実験が続いているのは、信号技術と認知神経学技術および研究中の神経生

理学的実験が進歩しているからであり、このような攻撃を可能にし、攻撃から身を守ることのできない市民の間で、新たな階層の脆弱性が生み出されるような技術の進歩があったためです

。私たちは、神経生理学的研究と、極低周波コンピュータから脳の同調技術まで利用してリモートから操作できる実験の、合意に基づかない認知神経科学の被害者を市民の中に作り出して

います。この技術は実際に存在し、被験者に現在の神経画像技術を使って相当の高い精度で検証できます。そうです、これは何年間も続く虐殺行為なのです。タスキギーの実験と同様に、

この諮問委員会の討議対象となるのは明らかです。このような申し立ての有効性が疑われる場合、この委員会が機能的な脳画像技術を使って、独立した独自の調査を行うことができます。

当委員会には、我々の組織「Freedom from Covert Harassment and Surveillance(隠れた嫌がらせと監視からの自由)」が存在するために、この組織に数千人の人々がこの被害を訴えて

います。我々の存在は、この事態のさらなる調査の必要性を示しています。一般の市民が認知兵器により傷つけられていないかを判断するための、検査を開発する必要があります。被害者

の皆様が何らかの形で実験されている認知兵器です。また理由や形態を問わず、あらゆる市民に科学と技術が非倫理的に使用されるのを、徹底的に禁止する必要があります。

生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会 PDFファイル
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news05.html

***被害報告から幾つか引用してみましょう。***

******「自由人 さん」のブログより抜粋******




集スト被害者にとっての、一歩前進だと思います。

ご賛同頂ける方は、ブログにコピペして下さい。
どうぞ宜しくお願いします。






NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク~海外の資料
2011415-85334.jpg



生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会
2011415-84655.jpg

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。