スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の支配者一族は「一枚岩」。*「日本の陰謀」さん*

日本の陰謀 (4) P8
http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p048.html#page315




******「日本の陰謀」より抜粋******

■ 天皇一族は古代エジプト王朝

これまでの検証で、数多くの一致点が明らかになった。
だが、これは歴史の検証というより、動物としての人類、
社会人としての人類の行動パターンを分析すると、当然の結末だということが判明した。
要するに、動物も人間も競争より協調を求める。

肉食動物と草食動物でさえ、「狩り」を行う時以外は、共存している。
「狩り」の時間は、全体の1パーセントにも満たない瞬間であり、
それ以外の時間は何も起こらない。
人間社会に見られるような「いじめ」は存在しない。
「いじめ」は「狩り」にとって、最大の不利益をもたらす行為だ。
獲物に危機感を増長させ、狩りを困難にする。

古代の人類が共存し、支配者階級が談合したことは、疑いの余地はない。
そして、早々と世界の支配者グループが形成された。

私は、「天皇一族」と表現するが、これは、日本人である私にとって、
最も認識しやすい支配者グループが天皇一族だからだ。
世界を支配する一族であれば、私にとって、その名称はどうでもいいことだ。

では、人類の歴史の戦争は、どう説明するのか。
戦争の歴史は、これまでも述べたとおり、世界の支配者一族が、
その「一枚岩」を見抜かれ、残りの全人類を敵に回してしまわないように、
繰り返し演出した偽装工作だった。


******「日本の陰謀」より抜粋******



世界の支配者一族は「一枚岩」。
だから世界中、何処へ行っても、同じインチキシステム。

・・・・・・
ギリシャの財政破綻危機。
アメリカも、日本も、同じ・・・。
・・・・・・
消費税を増税しても、年金問題は解決しない。
これも、日本だけで無く、他の国でも同じ・・・。
・・・・・・

だから、集団ストーカー犯罪も世界共通。
この「インチキシステム」維持の為に、
人倫道徳を守れるヒトがターゲットとなり、
現在のインチキ社会から排除される事になる。
年間3万人の自殺者と、年間10万人の不審死は、その犠牲者だ。

その加害者の多くは、善良そうな日本人だ。
これは、過去の私の経験から・・・。
私の両親、親戚、地域住民。
学生時代のクラスメート。
職場の先輩、後輩。どの職場でも、全く同じ状況だった。

・・・・・・
「一枚岩」を見抜かれ、残りの全人類を敵に回した場合・・・。
世界中の原発で全人類を抹殺。
ムー大陸やアトランティス大陸も、原発やハープを使ったのだろう・・・。
支配者達は地下施設へ非難したり、UFOで・・・。
その後、放射能を「正しく」除去し、遺伝子操作で新たな人類(奴隷)を作る。
これを数千年単位で、繰り返してきたのだろう。

・・・・・・
支配者達は他の惑星から地球へ、流刑されて来た厄介者達だ。
奴らが改心する事は、絶対に無い。
私達一人一人が、奴らの脅しに屈しないようにするしか、解決方法は無い。
皆、命が惜しい為に、奴らの「インチキシステム」に同調し、
集団ストーカー犯罪に協力してしまうのだろう。



******「2012.03.30」追記******
・・・・・・
だから、みんな偽善者。
・・・・・・
忌野清志郎さんのメッセージは・・・。
・・・・・・
タイマーズ タイマーズのテーマ ~ 偽善者
http://www.youtube.com/watch?v=EpkoWYYzJMk&feature=related
・・・・・・

・・・・・・
******「2012.03.30」追記******

スポンサーサイト

罪悪感工作[2]ス△ヒ△_ケ△ジ△ウ。

罪悪感工作[2]ス△ヒ△_ケ△ジ△ウ。
1987年の出来事ですが・・・。

ある日、私は、公共工事入札の代役を、
ス△ヒ△_ケ△ジ△ウから指示を受けました。
(入札日の2・3日前だったのでは・・・。)
本人は入札日に、他の業務が重なり、
どうしても都合がつかないとの事でした。
1987_ス△ヒ△_ケ△ジ△ウ

・・・・・・
入札場所は、会社から車で1時間程の距離に有る、
合同庁舎だったのでは・・・。
(記憶は無いが、ココしか考えられない為・・・。)
・・・・・・

その時の説明は・・・。
1_既に落札予定業者は決まっている為、それを前提とした、入札金額での参加である事。
2_隣町の□□建設の担当者に話を通している為、当日、入札会場で会い、その指示通りに・・・。
・・・・・・



入札日、合同庁舎にて・・・。

1_隣町の□□建設の担当者から、
 _1回目の入札金額は「△△△円以上で・・・」と指示を受けた。
 _私は、この後も、この人の隣で教えて貰いながら・・・。

2_△△△県の工事発注担当者の進行で入札開始。

3_1回目の入札で、全社とも予定価格をオーバーした。

4_△△△県の工事発注担当者から、
 _「2回目の入札は、1回目より低い金額での入札を・・・」の指示。

5_2回目の入札も、指示された金額で提出した。

6_△△△県の工事発注担当者から、
 _「□□建設さん、1回目より高い金額で入札されています。」の発言で、
 _会場から冷笑が・・・。

・・・・・・
(シマッタ!。私のせいだ!。親切な人なのに、悪い事をした・・・。)
・・・・・・
(これも、公安警察の手口だ。バカバカしい。)
・・・・・・

今回のシナリオは、
△△△県発注の工事入札会場で、私への入札方法説明に、
気を取られた□□建設の担当者が、入札金額を間違い「冷笑」を受け、
私に罪悪感を持たせる。
・・・と言う事の様だ。



加害者について。

1_ス△ヒ△_ケ△ジ△ウ_入札工作へ誘導した。

2_隣町の□□建設の担当者_入札工作で三文芝居を演じた。

3_△△△県の工事発注担当者_入札工作の主犯役。

4_入札会場の全建設会社の担当者
 _入札工作で「冷笑」の三文芝居を演じた。

5_公安警察_入札工作のシナリオを書き、関係者に指示した。

6_集スト犯罪の発信源_ユ△ヤ_サ△ヘドリン。
 _ジョン・レノンとマイケル・ジャクソンを暗殺し、
 _闇政府として勝手に国家運営を続ける。


罪悪感工作[1]阪△電△_工務部土△課_ヤ△ダ_ヒ△シ。

2012.03.21
春の選抜高校野球が開幕しましたネ。



罪悪感工作[1]阪△電△_工務部土△課_ヤ△ダ_ヒ△シ。

私は、1980年4月~1985年12月まで、阪△電△に勤務していました。
その時の出来事です。
高校野球の時期だったと記憶していますが、
春か?夏か?は、思い出せません。

私は、その日、△△園球場に観戦チケットを受け取りに行く事を、
ヤ△ダ_ヒ△シから指示を受けました。

ヤ△ダ_ヒ△シの画像が無い為、
当時の阪△電△_本社ビルの場所だけでも・・・。
2012222-20533B阪△電△_本社ビル

相手方の名前を確認したかったのですが、
行けば分かるからと・・・。

・・・・・・
△△園球場内の事務所へ行き、
同期入社のウ△_カ△ミに会い、詳しい場所を確認したのですが、
「隣です。」と抽象的な場所の説明で要領を得ません。
チケット担当者の名前も確認したかったのですが、
何故かその時は、不親切な対応で、聞きそびれてしまいました。
・・・・・・
阪△電△_事業部△△課_ウ△_カ△ミ
2012222-20533B阪△電△_本社ビル


何かが気になりながらも、「隣の部屋」に入ると、
毎△新聞(又は高△連)と阪△電△事業部の関係者が・・・。
私が、観戦チケットの事を伝えると、気まずい雰囲気に・・・。
・・・・・・
毎△新聞(又は高△連)の担当者による阪△電△事業部の担当者の、
叱責が始まったのだ。
大声では無かったが、私の不手際で叱責を受けている様だった。
毎△新聞(又は高△連)の担当者 
  : (私に対して)「あなたは、全然悪くないんだヨ」
(公安警察の手口だ。バカバカしい。)

今回のシナリオは、
観戦チケットを裏ルートで入手する事を、私の不手際により、
毎△新聞(又は高△連)の担当者に知られ、
阪△電△事業部の担当者が叱責を受け、私に罪悪感を持たせる。
・・・と言う事の様だ。




加害者について。

1_阪△電△_工務部土△課_ヤ△ダ_ヒ△シ
 _観戦チケット受取指示の実行役。

2_阪△電△_事業部△△課_ウ△_カ△ミ
 _抽象的な説明で加害工作の間接的サポートをした。

3_毎△新聞(又は高△連)の担当者
 _観戦チケット工作で三文芝居を演じた。

4_阪△電△事業部の担当者
 _観戦チケット工作で三文芝居を演じた。

5_公安警察
 _観戦チケット工作のシナリオを書き、関係者に指示した。

6_集スト犯罪の発信源_ユ△ヤ_サ△ヘドリン。
 _霊界存在の嘘情報と拝金主義で国民(ゴイム)を操り、
 _リンカーンとケネディを暗殺し、勝手に国家運営を続ける。


唾吐き工作[2]理△店_タ△ガ△ラ_リ△コ

唾吐き工作[2]理△店_タ△ガ△ラ_リ△コ

20年以上も前の出来事になります。

タ△ガ△ラ_リ△コが、道端で唾を吐くところを、
何度か目にする事が有りました。
「ガー、ペッ」
私から10m程、離れた位置でした。

20100502_1106_タ△ガ△ラ_リ△コ


不快に感じ、非常識なヒトだと思い、
母親に確認したら、「お腹が大きいからネ」と・・・。
・・・・・・
妊娠による不調なら仕方ないと思い、
逆に、相手を責める気持ちを持ってはいけないと考えていた。
まさか、これが、偶然を装った嫌がらせだとは、思いもしませんでした。



加害者について。
1_理△店_タ△ガ△ラ_リ△コ_唾吐き工作の実行役。
2_公安警察_唾吐き工作のシナリオを書き、
   タ△ガ△ラ_リ△コに指示した。
3_集スト犯罪の発信源_ユ△ヤ_サ△ヘドリン。
 _キリストを磔刑し、現在も国家運営を続ける。
 _タ△ムードは指針。唾吐きも、指針どおりの行為。


唾吐き工作[1]ま△もと小学校_サ△グチ_ヨ△タダ

唾吐き工作[1]ま△もと小学校_サ△グチ_ヨ△タダ

1970年の出来事です。
私は小学生でした。

サ△グチ_ヨ△タダは、私の兄の同級生で、時々遊んでもらっていました。

1971_小学校遠足_サ△グチ_ヨ△タダ


その日、サ△グチ_ヨ△タダの家へ遊びに行ったのですが、
いつもと様子が違うようで・・・。
サ△グチ_ヨ△タダは、私の遊び相手をするでもなく、
ハッキリしない状況で・・・。
私は、一緒に遊ぶ事を半ば諦めて、近くの橋の上で、
相手の出方を待っていました。

しばらくして、サ△グチ_ヨ△タダが自転車に乗り、
私に近付いて来た為、私は遊んでもらえると思っていたら、
ニヤニヤしながら、私に唾を吐いて走り去って行きました。
(エー、意味解らない?。全く、心当たりが無いのだ。)

その時は、服のシワに隠れて、唾を確認出来なかった。
サ△グチ_ヨ△タダはニヤニヤして、普通に話し出来る雰囲気では無かった。
私は、直ぐに自宅へ帰り、着ている服を良く見ると、
シャツの左わき腹の辺りに、緑色のタンが付いていた。
ショック。
コイツは、こんな人間なんだ・・・。

・・・・・・
その後、私は、サ△グチ_ヨ△タダに近付かない様になりました。
・・・・・・
集スト被害者は幼い頃から、
この様な嫌がらせを受けて、孤立化させられるのです。
そして、新たな友達を探し親しくなると、
公安警察が裏から手を廻し、加害工作を受け、孤立化する事に・・・。
・・・・・・

私の周りの人は、全てグルですから、いくら説明しても無駄です。
それは、幼い頃から感じていました。
逆に、私が責められます。
「お前が、何か、したんだろう!」
「普通に考えて、そんな事、する訳が無いだろう!」



加害者について。
1_ま△もと小学校_サ△グチ_ヨ△タダ_唾吐き工作の実行役。
2_公安警察_唾吐き工作のシナリオを書き、
   サ△グチ_ヨ△タダに指示した。
3_集スト犯罪の発信源_ユ△ヤ_サ△ヘドリン。
 _キリストを磔刑し、現在も国家運営を続ける。
 _タ△ムードは指針。唾吐きも、指針どおりの行為。


ほめ殺し工作[2]サッカー編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

ほめ殺し工作[2]サッカー編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

1973年の出来事です。
私は小学生でした。


体育の授業で、その日はサッカーの紅白戦形式でした。
私はスポーツは苦手ですが、
相手方のボールが次にどの辺りに来るのかは、何となく解りました。
その日も、ボールの落下地点に先回りして、
ボールを押し返す動きを数回やっていました。
・・・・・・
その後、ナ△ムラ先生がその事を、
皆の前で誉めてくれました。
ニヤニヤしながら・・・。

(私の心の声 : 「先生、そんなに誉められると恥ずかしい!」)


これは、公安警察主導による「ほめ殺し工作」でした。
その特徴は、ニヤニヤしながら誉める事です。
また、必要以上に誉める。不自然なくらい。
クラスメートの前で誉める事で、ターゲットだけに解る嫌がらせ。

・・・・・・
こんな加害工作、指摘出来る訳が有りません。
例えば、こんな感じに・・・。
私 : 「先生、それは嫌がらせですヨ!」
先生 : 「何を言っているんだ、誉めているんじゃないか・・・」
私 : 「・・・・・・」
・・・・・・

こんな手口を考えた奴は、天才?。基地外?。


加害者について。
1_クラス担任のナ△ムラ先生_サッカーほめ殺し工作の実行役。
2_公安警察_サッカーほめ殺し工作のシナリオを書き、ナ△ムラ先生に指示した。

ほめ殺し工作[1]花瓶編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

ほめ殺し工作[1]花瓶編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

1973年の出来事です。
私は小学生でした。


私は、図工のねんど工作の授業で、
陶器の花瓶を作りました。

ナ△ムラ先生の画像が無い為、花瓶のイメージ図だけでも・・・。
1973_ナ△ムラ先生


ある日の帰りの会で、ナ△ムラ先生が、
私の花瓶を「譲ってほしい」と言いだしたのだ。
(当然、クラスメート全員がこの話を聞いています。)
私には、新たに「ねんど」を用意して、
その後の作業のサポートもすると・・・。

ナ△ムラ先生 : 「毎日、その花瓶を拝むから・・・」
ナ△ムラ先生 : 「その花瓶を譲ってくれたら、一生大切にするから・・・」

(私の心の声 : 「先生、そんなに誉められると恥ずかしい!」)

当時から、不可解な出来事を経験していた私は、
ここは断わった方が面倒な事にはならないと思い、
先生の申し出を断った。
決して、その花瓶を譲りたく無かった訳では有りません。


1_その時、ナ△ムラ先生の表情がニヤニヤしていた。
2_私は、先生の申し出に難色を示したが、それでもしつこく言われた。
3_クラスメート全員の前で、これを話す事に不自然さを感じていた。

以上の疑問を解決するまでに、30年以上かかった。
これが、公安警察主導による「ほめ殺し工作」だ。
学校、教師、クラスメート、時には地域住民も一体となり、
第三者には解らないように「イジメ」や「引きこもり」を作っていくのだ。


加害者について。
1_クラス担任のナ△ムラ先生_花瓶ほめ殺し工作の実行役。
2_公安警察_花瓶ほめ殺し工作のシナリオを書き、ナ△ムラ先生に指示した。


パーツリストのシール貼り工作*オートショップ_ク△タ*


パーツリストのシール貼り工作*オートショップ_ク△タ*

1987_オートショップ_ク△タ01


1987年
オートショップ_ク△タに、
バイクの部品を注文したら、
パーツリストにシールを貼られた状態で返って来た。
・・・・・・
注文の際に、
バイク部品の名称と品番を伝え、
パーツリストを渡さなければ良かったのだが・・・。
・・・・・・
シールをはがそうとしたら、下地まで破けてしまう。
このまま、シールを貼ったまま使うしかないようだ。
このシール一枚の事で、パーツリストを弁償しろとは言えない。
悔しいが何も言わず、我慢する事にした。
・・・・・・
しかし、気分悪い。
人間心理を知りぬいた、地味な嫌がらせだ。
偶然を装い、その犯罪に気づかせない。
しかし、ターゲットには確実に心理的ダメージを与える。
もしこの時、集スト犯罪の実態を理解していたら、
迷わず、パーツリストの弁償を要求していただろう・・・。


加害者について。
1_オートショップ_ク△タの店主_シール貼り工作に関与した。
2_公安警察_シール貼り工作のシナリオを書き、店主に指示した。


うっかりミスを装った科学的憑依。


2012.03.07
AM0:30
就寝。

AM3:30
今日も、この時間帯の睡眠妨害は無かった。

AM7:50
室温14℃。
1_覚醒の強要。
2_両目への電磁波攻撃。
3_喉への電磁波攻撃。
4_トイレの強要。
5_クシャミ、鼻水、鼻詰まり、共に症状無し。だから、花粉症の偽装も無し。

いつもならAM7:00前に覚醒の強要となるが、
目ざましのスイッチをOFFにして、就寝したようだ・・・。
これも、うっかりミスを装った科学的憑依だろう・・・。
・・・・・・
幼い頃、頻繁に経験した金縛りも、
霊現象では無く、ハイテクを使った科学的憑依に間違いない。
ホントにバカバカしい。
・・・・・・
以前、金縛りの事を友人に話したことがあったが、
必ず否定されていた。
その否定が本人の主観なら、まだ許せるのだが、
公安警察が関与していたようだ。
私に関る全てのヒトに対しても・・・。
・・・・・・
私の人生の90%は運命操作されていた。
恋愛も仕事も、趣味の時間も・・・。
・・・・・・



PM10:35~PM11:05 入浴中の加害工作。
1_犬の鳴き声の音声送信が2回。
2_車両通過を装った音声送信が数回。
3_電車通過を装った音声送信が1回。
4_△リ_サ△カ宅の玄関の電気が点灯。監視の仄めかしだ。
5_ア○メン_ヒロ○キ宅の部屋の電気が点灯。監視の仄めかしだ。

△リ_サ△カの今日の画像が無い為、過去の物を使う。
20110410_0858M038.jpg

花粉症の薬。効果は抜群。

2012.03.07

花粉症の薬。効果は抜群。

昨年、服用した花粉症の薬です。効果は抜群。
電磁波攻撃を止めて、「薬が効いた!」と騙す手口です。
皆さんは、騙されないように・・・。




1_2011.01.13_花粉症の処方箋を受け取る。
数日前からスギ花粉症の症状が出て、
この日、耳鼻科の診察を受けた。
30年以上前に発症し、数年前からは毎年この時期になると耳鼻科に行っている。
薬だけで良いのだが、初診だけは受けないと処方箋は出せないようなので・・・。

診察の時、
私 : 「先生、今年も、スギ花粉症が発症したようです。」
私 : 「何時もの、薬(内服薬の処方)をお願いします。」
先生 : 「エ!、もう症状がでた?」
私 : 「ハイ」
私 : 「朝、晩のクシャミ、鼻水、鼻づまり・・・」
先生 : 「ア、そう・・・」

・・・?・・・
加害者の私への電磁波工作が早すぎたのだ。
フライングしたようだ。
30年以上、ずっと騙されていた。

私のアレルゲンはスギ花粉の為、発症は毎年2月~3月だ。
電磁波照射で花粉症の症状を作りだし、
処方された薬を服用し、頃合いをみて電磁波照射を止める。
患者は処方された薬が効いたと思いこむ。
医者も薬剤師も製薬会社も儲かる。

10年程前、10月頃に花粉症の症状を経験した事があった。
その時はハウスダストだと思っていた。
また、同年、手のひらが異常に痒い症状も経験した。
当時から電磁波照射を受けていたようだ・・・。



2_「ukiyonoito」さんのブログ
「電磁波照射」については、こちらへどうぞ・・・。

ukiyonoitoのブログ集団ストーカーによる心身攻撃
http://blog.livedoor.jp/ukiyonoito/





3_今年は、耳鼻科へは行かない。
集スト加害者は今年も、
スギ花粉症を偽装した電磁波照射を時々仕掛けて来るが、
バカバカしいから、今年は、耳鼻科へ行かない!。
・・・・・・
加害者が開き直って、電磁波照射を強める可能性はあるが・・・。
その時は、花粉症の偽装を解ったうえで、耳鼻科へ行くかもしれない。
医者、薬剤師、製薬会社を儲けさせる、インチキシステム。
バカバカしい。



4_ツイートして下さって、有難う御座います。
最後になりましたが、
ターザンさんへ
ツイートして下さって、有難う御座います。
感謝です。
また、「逆、付きまとい」撃退法は、今度、トライしてみます・・・。

入浴中に左目への電磁波攻撃。


2012.03.05
PM11:50
就寝。

2012.03.06
AM3:30
今日は、この時間帯の睡眠妨害は無かった。

AM6:50
室温18℃。
1_覚醒の強要。
2_両目への電磁波攻撃。
3_喉への電磁波攻撃。
4_トイレの強要。
5_クシャミ、鼻水、鼻詰まり、共に症状無し。




PM11:10~PM11:40 入浴中の加害工作。
1_犬の鳴き声の音声送信が3回。
2_車両通過を装った音声送信が数回。
3_電車通過を装った音声送信が2回。
4_洗顔の時に、左目への電磁波攻撃。両腕でブロックしたが効果は無かった。
5_ア○メン_ヒロ○キ宅の部屋の電気は点いていない。
しかし、工作員は中に居て、電磁波攻撃もココからでは・・・。



隣家加害者の今日の画像が無い為、過去の物を使う。
20100414_m22h.jpg20100414_m23h.jpg

20100816_1644m12.jpg

20100822_1814m11.jpg20100724_2148_m120.jpg


△リ_サ△カ宅の玄関の電気が点灯。 監視の仄めかしだ。

2012.03.03
AM1:00
就寝。

AM3:30
今日は、この時間帯の睡眠妨害は無かった。

AM6:50
室温15℃。
1_覚醒の強要。
2_両目への電磁波攻撃。
3_喉への電磁波攻撃。
4_トイレの強要。
5_クシャミ、鼻水、鼻詰まり、共に症状無し。




PM9:00
ア○メン_ヒロ○キ家族の子供が、
フローリングの床を走り回る騒音工作。
この後の入浴で、部屋の灯りが点いていなかった為、
音声送信では?・・・。
また、この家は生活感を全く感じない。
部屋の灯りが点いている時は、工作員が使用しているのでは?。
そこの住人は別世帯で二重生活の可能性も・・・。





PM9:30~PM10:00__入浴。

1_部屋を出て階段を下りると、
玄関のガラス越しに加害車両のストップランプが・・・。
近くの自販機での買い物を装っての停車のようだ。
この時は、感情操作を受けなかった為、心的被害はゼロ。

でも、入浴時間中での証拠撮りの準備はしている。
(早く、普通の生活がしたい・・・。)
カムフラージュカメラと小型ライトだ。
本来なら、カムフラージュする必要など無いのだが、
理屈が通じる相手では無いので・・・。
悪質な加害工作の場合、外に出て、
加害者の顔をカメラに収めるつもりだ。

2ヶ月程前にも、
女性の携帯電話の話し声による嫌がらせを受けて、
注意したら、「スイマセン」と謝っていた。
女性は電話中だと主張したが、
私が「PM10:00に大声で人家の近くで非常識だろう!」と言ったら、
反論出来なかった。

この時の動画も残っているが、光量が少なく、顔の判別が微妙。
だから、小型ライトも準備する。

2_△リ_サ△カ宅の玄関の電気が点灯。
監視の仄めかしだ。

3_車両通過を装った音声送信が数回有り。

4_ア○メン_ヒロ○キ家族の部屋の電気は点いていない。

5_洗濯機のスイッチを入れて、入浴。



PM10:30
洗濯物を取りに、脱衣所へ行くと、△リ_サ△カ宅の玄関の電気が点灯。
監視の仄めかしだ。


△リ_サ△カの今日の画像が無い為、過去の物を使う。
20110410_0858M038.jpg

おパンツ工作[2]*ロッジし△は△る_コレクトコール君*



あまり下品な記事を書くと、偽被害者だと疑われそうですが・・・。
・・・・・・
これは、全て事実です。

集スト犯罪拡散の目的で、あえて書きます。


おパンツ工作[2]*ロッジし△は△る_コレクトコール君*

コレクトコール君については・・・。
2012-02-20(22:56) 
コレクトコール事件*1986年*
http://fjr1300pa.blog107.fc2.com/blog-entry-673.html


1985年12月に勤めていた会社を辞め、1986年1月~3月まで、
長野県のつ△いけスキー場のロッジし△は△るで、
住込みのアルバイトをしていました。
その時の出来事です。

女将さんの画像が無い為、コレクトコール君の画像だけでも・・・。



PM9:00頃、
食事を終えて台所でくつろいでいる、
コレクトコール君と私の元へ、
女将さん(当時50歳ぐらい)が入ってきて、
女将さん : 「私のおパンツが無いー」と・・・。
(この時の笑顔は、照れ隠しだと思っていた。)
(私は、頭の整理の為に、少しの時間が欲しかったのだが・・・)

女将さん : 「モー、ヤダワー」
女将さん : 「チョット、探してきてヨ・・・」
(冷静に考えれば、オカシイ・・・)
(下着探しを依頼するにしても、恥ずかしくて異性には頼まないはずだ。)

コレクトコール君と私で、スキー板とスキー靴を置いている乾燥室へ向い、
それを探し始めた。
(何となく、この先の展開が読めた為、
あえて、私は自分のスキー靴には近づかなかった。)

コレクトコール君 : 「あった(見つかった)、あった」
コレクトコール君が、私のところへ女将さんのおパンツを持ってきた。

私 : 「何処に有った?」
コレクトコール君が口を開かずに、私をその場所へ案内してくれた。
私のスキー靴の中に、ねじこまれる様に入っていた。
(ホントにバカバカしい。)

コレクトコール君 : 「女将さんには、上手(私への疑いが来ない様に)く話しておくから・・・」
と言って、女将さんの所へおパンツを持って行った。


加害者について。
1_ロッジし△は△るの女将さん_おパンツ工作で三文芝居を演じた。
2_コレクトコール君_私を、おパンツ事件の犯人に見せかけ、
   その後、擁護するかの様に振舞う。
3_公安警察_おパンツ工作のシナリオを書き、関係者に指示した。



おパンツ工作[1]*阪△電△_イ△キ先輩*

あまり下品な記事を書くと、偽被害者だと疑われそうですが・・・。
・・・・・・
奴らの手口は、ホントに卑劣です。


おパンツ工作[1]*阪△電△_イ△キ先輩*

1985.11.02~1985.11.05の3泊4日、
イ△キ先輩と私の2人で、
萩・津和野ツーリングに、行った時の出来事です。

イ△キ先輩は、私と同じ出身県で、
社員寮を通じてのツーリング仲間に・・・。

このツーリングは、イ△キ先輩からの提案でしたが、
年内の退職を考えていた私としては、気が進まなかったのですが、
何故か、この時のイ△キ先輩は押しが強く、断わりきれなかった。

今思えば、これは公安警察主導による、
ツーリングを利用しての加害工作であり、
イ△キ先輩にとっては、ミッションであり、当然、強引に・・・。





1985.11.02
西宮市を出て、六日市?(たぶん)に一泊。

1985.11.03
六日市~JR津和野駅へ。
萩に一泊。

1985.11.04
萩城跡?(たぶん)~JR萩駅~秋吉台~鍾乳洞。
尾道?(たぶん)一泊。


尾道で、夕食の為に入ったラーメン屋さんが、
親切に、宿泊所(たぶんビジネスホテル)を紹介してくれて、
そこに泊る事に・・・。

時間も遅く、また、食事も済ませていた為、
後は、風呂に入り寝るだけでした。

2人で浴槽を出て、脱衣所へ向うと、
何故か、イ△キ先輩だけ早々と服を着ていた。
私も服を着る為、下着を探したら見つからない。
いくら探しても・・・。

私 : 「イ△キ先輩、私のパンツが無い!」
イ△キ先輩 : 「・・・」
イ△キ先輩 : 「もしかしてコレ?(イ△キ先輩がはいていた)」

私 : 「・・・」
イ△キ先輩 : 「・・・」

解決方法は何もない為、2人とも沈黙・・・。

私はその日、はいていた下着を再び・・・。


この時も、偶然とは思いながらも、
何処か不自然で、ずっと頭の片隅に残っていた。

公安警察主導による変態的嫌がらせだ。
こんな事、集スト被害者で無ければ、理解出来ないはずだ。
こんな事をして、誰が、どんな徳をする?。
第三者に対して、この質問の答えを説明するのはかなり難しい。


加害者について。
1_阪△電△_イ△キ先輩_おパンツ工作の実行役。
2_公安警察が主導。


プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。