スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原裕次郎さんは太陽。

故石原裕次郎さんの二十三回忌法要

式典で渡哲也さんが
「最後の法要なので、皆で裕次郎に声をかけたい」と
天に向けて「裕ちゃーん」と3回声を上げて・・・。
会場の皆も復唱して・・・。
なんか、良かった。

後で確認したところ
事前に考えていたことではなく
その場で渡哲也さんが
思いついたとのことでした。


裕次郎さんのエピソードその1

スキーで骨折したときのこと。

運動神経の良い裕次郎さんだから
自分のミスではなく
初心者がぶつかってきて骨折した。

その時、相手のことを思い
名前(相手のひと)を絶対に言わないように
また、その場を立ち去るように促した。
裕次郎さんスゴイね。

もし、そのひとが特定されたら
大変なことになるね。
みんなから、バッシングを
受けることになる。

黙っていて、正解だね。
黙っていたことを、責めるひとは
誰もいないと思う。


裕次郎さんのエピソードその2

製作した映画の失敗で
石原プロに約10億円の借金が。

裕次郎さんの考えは
資産を処分して、一回倒産させればいい。

小林専務の考えは
男が一度作った会社を
倒産させたらダメなんだ。
それに、石原裕次郎の名前に
傷をつけてはいけない。

これは小林専務が正しいね。

借金返済の為、裕次郎さんは
テレビ(太陽にほえろ)への出演を決意した。

映画スターとしてのプライドで
テレビ出演を拒んでいたが
金策に走る皆の姿をみて
社長としての責任を果たす為に・・・。

辛かっただろうね。
倒産させたほうが、気持ちは楽だったろうね。

もし倒産させていたら
石原裕次郎の名前に傷がついて
そのイメージにも・・・。

それは、あり得ないね。
この人はスターになる為に生まれてきて
そのイメージを壊すような生き方は
許されないんだね。


52歳の若さで・・・。
短命は大スターの宿命?。

マイケル・ジャクソンも
短命だった。

二人ともスゴイけど
少し質が違う。

石原裕次郎さんは太陽。
マイケル・ジャクソンは月。
たとえが変?

石原裕次郎さんは
ネガティブイメージが全くない。
父親からも多くの愛情をうけた。

マイケルは父親との確執があった。
「多分、一生解かり合えないだろう」
生前そう言っていたが、事実となってしまった。
遺産相続で意図的に父親を外しているのは
それを象徴している。
児童虐待疑惑を持たれた。
(真実ではないと信じているが・・・)
ネガティブイメージが少し・・・。

話が脱線してしまった?。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。