スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「辛いのは、幸せになる途中ですよ」

今日の「中居正広の金曜日のスマたちへ」は
「筆談ホステス・斉藤里恵の波瀾万丈人生」

聴覚障害をかかえて
銀座でNo.1と呼ばれるまでに・・・。

小学校でのイジメ。
子供は残酷だからね。

でも、あの先生もひどいね。
「君は神に耳を取られた」
と黒板に書いた。
一回目は二人きりのときに・・・。
二回目はクラスメートの前で・・・。

クラブのママもひどいね。
里恵さんの美貌と人気に嫉妬した
クラブのママが、店の客をけしかけて
里恵さんをホテルに連れこませた。

危うく難を逃れた里恵さんは
その後、その店を辞めた。
この事がキッカケで
上京することに・・・。

多くのひとが、ただ苦労しただけで
終わってしまうと思うけど
里恵さんは成功に繋げたんだね。


同僚が先に出世したことを
妻に非難されたお客さんには
「少し止まる」と書いて「歩く」
とアドバイス。

また、別のお客さんが
「辛い」と書いたのをみて
「辛いのは、幸せになる途中ですよ」
とアドバイス。

里恵さんだと、説得力があるね。
生きる力、人間力は最高だね。

何かで壁にぶつかった時、
他人のせいにしてしまう。
会社のせいにしてしまう。
世間が悪いから?・・・。

全ていい訳でしかないんだね。
絶対に。
里恵さんを見ていれば、それが解かる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。