スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウルトラダイナソアさんの日記」(03月16日18:06)より




「ウルトラダイナソアさんの日記」(03月16日18:06)より

ウルトラダイナソアさんの日記
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=197997&comment_count=6



*****「ウルトラダイナソアさんの日記」(03月16日18:06)よりコピー*****

2011年03月16日
18:06



3: ウルトラダイナソア

2:kantokuさんへ

 埼玉も安全で無くなる可能性があると言えます。


 3号機で使われているモックス燃料はプルトニウム+ウランです。

 プルトニウムはスプーン1杯で2000万人の致死量があります。

 言えない情報も踏まえれば、大気に飛散した放射性物質が雨などで混ざります。

 

福島市の水道水から微量セシウム 第1原発炉心から放出か
2011/03/16 16:36 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031601000626.html

 セシウム

 反応性が極めて強く、常温でも空気中で酸化される。粉末は自然発火する。また常温の水とも爆発的に反応して爆発するため、消防法にて危険物指定されている物質である。
 人工的に作られる(ウランの核分裂により生ずる)セシウム137は、半減期30.07年の放射性同位体である。医療用の放射線源に使われるが、体内に入ると血液の流れに乗って腸や肝臓にガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって筋肉に蓄積したのち、腎臓を経て体外に排出される。
 セシウム137は、体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの100日から200日にわたってガンマ線を放射し、体内被曝の原因となるため大変危険である。
 セシウム137に汚染された空気や飲食物を摂取することで、体内に取り込まれる。
 なお、ヨードや安定ヨウ素剤などを服用してもセシウム137の体内被曝を防ぐことはできない。



*****「ウルトラダイナソアさんの日記」(03月16日18:06)よりコピー*****

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。