スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の陰謀*今日のお勧めサイト*

以下は、今日のお勧めサイトです。
日本の陰謀
http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/index.html





日本の陰謀 (15-3)
巧妙に仕組まれた陰謀の構造
http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p002.html#page14B
201155_00153.jpg

******「巧妙に仕組まれた陰謀の構造」より抜粋******

3、特徴

侍時代の「 忍者」の性質を強く引き継ぐ。

この忍者の伝統に今日のストーカーの起源を見ることが出来る。

(1)忍者は男社会だった。映画やテレビで描かれる「くのいち」は歴史上は存在しなかった。

(2)忍者は映画などでは世襲があるようなことを言うが、家族を形成することは許されなかったはずだ。自分が忍者を使う側になって考えるとよくわかる。使い捨てだ。と言うより、天寿を全うする忍者は少なかったと思われる。任務途中で敵に殺されたり、あるいは、知りすぎたために主人によって始末されることも多かったと思われる。

(3)明治以降、こういった封建的忍者は表面上うまく機能しなくなった。ひとつには、封建制度を違法状態で維持させた「やくざ」組織に一部は移行したが、それでも不十分であった。

もともと、忍者には二種類あり、完全に社会から分離して行動する、「裏の忍者」と、表面上は一般の社会人に紛れて潜伏する「表の忍者」だ。

明治以降、表の忍者は、警察の協力部隊として機能した。警察の行いにくい汚い仕事(暗殺、諜報など)を行った。よく「警察の犬」と呼ばれるのはこういった者達だ。しかし、完璧を要求する当時の政府だ、情報統制は厳しく、家族の管理は徹底された。

結婚は、この同属の中からほとんど命令により成立し、忍者の仕事は確実に世襲された。

ここに、部落開放運動とか、同和対策事業というわけのわからない行政指導の存在理由がある。一般人と結婚させたくない政府は、一般人が差別するという風評をでっち上げ、一般人が近づかないようにした。現在では、三代目、四代目の者たちも多く、これらが集団ストーカーの中心だ。 

******「巧妙に仕組まれた陰謀の構造」より抜粋******





日本の陰謀 (52)
ヤクザの本性を現す警察
http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p008.html#page93
201155_00052.jpg

******「ヤクザの本性を現す警察」より抜粋******

私と私の家族は、集団ストーカーの被害を40年以上にわたって受けてきた。 真相の究明に動き出すと、次々と新たな事実が判明した。
嫌がらせの内容は膨大だが、ここでは要約する。

******「ヤクザの本性を現す警察」より抜粋******





日本の陰謀 (164)
組織ストーカーの目的
http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p033.html#page224
201155_00164.jpg


******「組織ストーカーの目的」より抜粋******

これまで、関係当局の担当者から、「何故あなたが狙われるのか。」 という執拗な質問を受けた。そして、これが、いかに被害者を窮地に陥れるかを知った。そして、こういった質問をする担当者の発言内容を吟味すると、ほとんどがマニュアルどおりのプロの応対であることがわかった。

■ 何故、世代を超えて嫌がらせを続けるのか
これは謎だった。しかし、ネットの他の事例などを総合した時、ようやく見えてきた。私は例外的なターゲットだった。普通は、10年程度で経済的、精神的、物理的に破滅に追い込まれる。だが、私は、耐えた。家族は、それぞれ大きな被害に会い、嫌がらせにより、一人は死亡、一人は死亡の際、病室の周りで嫌がらせ集団が騒ぐ中で死んでいった。一人は、3回入院、現在も通院している。30年も耐えるのは、嫌がらせ組織にとっても例外的だろう。しかし、嫌がらせは止まなかった。それどころか、私は、その組織に気付いてしまった。

■ 動員される者たちの特徴
30年も観察を続けると、三世代にわたる動員組まで見続けることがある。こういった組織ストーカーは相続・婚姻まで上部の命令に従う。普通の人と結婚すると混乱が起こるし、情報も漏れるからだ。 私の近所にも三世代が協力して嫌がらせを行う者たちがいる。

■ 目的は、組織の強化、戦力の維持
軍国主義の足音が聞こえだした昨今、ようやく国家の介在に気づいた。日本は、軍事力が決定的に劣っており、この状況で軍事力を強化し、米国を打ち負かすには、隠れた軍隊組織が必要だ。今日、戦争は、ゲリラ戦とテロが効果的であり、軍事大国の米国さえ手こずらす。

■ そして、究極の目標は、「世界支配」だ。
この言葉は魅力的だ。反対者を蹴散らす魔力を持っている。
「『NO』と言える日本」や「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という本が一時世界を席巻した。
これこそ、日本の目指す究極の目標だ。
組織ストーカーは、その目的を遂行する、いろいろな戦略の一部(氷山の一角)にすぎない。
これが組織ストーカーのおおよその説明だ。 
日本の世界支配への動きは江戸時代から始まっている。
一連の動きは複雑怪奇であり、今後詳細は述べていく。

******「組織ストーカーの目的」より抜粋******


「何故あなたが狙われるのか。」

これは「あなたは、重要人物ですか?」の
レックスさんの街宣と同じだ。

第3回千葉県街宣 弁士:レックス
http://www.youtube.com/watch?v=rbvtA0A0j00&feature=related


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。