スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅刑務所。


在宅刑務所。
私の場合が、まさにコレだった。

そして、気付いた。
私の人生に関与した99%のヒトが偽善者だった。
家族、親戚、幼なじみ、クラスメート、教師、職場の同僚、上司、取引業者、etc・・・。
残りの1%は国家権力の脅しにより、私との接触を絶った。
この1%のヒトだけが、私への加害工作に関与しなかったヒト達だ。

過去には同級生の「ソ○ダ_ア○ト」と他数名に、
バイクの部品を盗まれた。
窃盗だ。犯罪者だ。

それも、バイクの部品が欲しくて盗んだのでは無く、
公安警察主導による「嫌がらせ」として・・・。
バイクのフロントフォークのゴム製キャップだ。
そんな物を盗んでも、他に使い道が無い。
「嫌がらせ」だと解るように、左右の内の片方だけを盗まれた。

集団ストーカー★対人恐怖の作り方
http://blogs.yahoo.co.jp/small_creeps/42757508.html


******「集団ストーカー★対人恐怖の作り方​」さんのブログより抜粋******

NHKスペシャル 生涯未婚急増の衝撃
傑作(0)2010/1/31(日) 午後 1:56裏・公共事業軍事 Yahoo!ブックマークに登録

今晩、9:00にNHKスペシャルで「無縁社会・3万2千人が孤独に死んでいった」という番組が放送される。
中でも「生涯未婚急増の衝撃」という項目がある。
この事象を語るとき、個人の責任、親の教育以上にアメリカの悪意を宿したキリスト教・カルトによる悪行、
集団ストーカーに言及することは避けられないはずだ、が…

ひきこもりや対人恐怖などの人々は幼少期に日本国の擁護を受けることも出来ず、アメリカの悪意を宿した
カルトの悪意に晒された人々である。日本国(キリスト教エリート)がアメリカの横暴を見て見ぬフリをしているということも多い。

キリスト教・創価信者は標的児童に罪を着せ、その罪を不特定多数の仲間(老若男女信者)で長期間責め続けることにより、
標的児童に「大きな罪悪感」を宿す。すると標的は「ぼくがいるとみんなに迷惑なんだ」という強迫観念に囚われ
誰とも付き合えなくなるのだ。対人恐怖となった標的は生涯を通して他人との絆を自らが断ち切らずにはいられない。

そして、彼らの一番の悲劇とは他人との隔絶を自らが望んでいるのにも拘らずそれでも尚、それは本人の意思に
反しているということである。この、白人が開発したあまりに非人道な追放システム。

標的をわざわざ流刑地に送らなくても自宅を流刑地に変えるのだ。
正直、マジメ、優しい、親切、そういう美徳を持つ人々に有罪を宣告し、都市の中で流刑を実行するのだ。

この方法をアメリカが使うことにより、あらかじめ批判、非難、復讐が回避されている。つまり、「何も起きていない」のだ。

そうして、他人との触れあいを剥奪された彼/彼女の美徳は無効化され、その他大勢に対する知的影響力は排除される。
ということで、今晩のNHKの番組ではアメリカの悪意、宗教の関与が取りざたされることは無いだろう。
アメリカの目的は、あらゆる美徳を日本国から追放することであり、弱者を救う知性を絶滅させることであるが、
これらの問題を考察する際のポイント、最大の問題提起は「アメリカは何を企んでいるのか?」であるべき。

******「集団ストーカー★対人恐怖の作り方​」さんのブログより抜粋******


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。