スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン引火工作失敗*レ△ドバ△ン*

ガソリン引火工作失敗*レ△ドバ△ン*
1986年9月の出来事。

この数字は記事とは、無関係ですので・・・。
31.580651,130.561577

何で、今頃こんな話を・・・。
昨年の311テロ。
そして、今年は2012年。
人類「ユダヤ化」の総仕上げの年?。
今、書かなければ、この記事は・・・。
そんな気持ちからです・・・。



1_私が所有していた、過去のバイクの廃車証です。
初度登録が昭和61年9月だから、
1986年9月の、ある日の出来事です。
また、「5656」はアンカリングNOでした。
その当時は、この意味を理解出来ませんでした。


2_1986年9月△日にレ△ドバ△ンでバイクを購入し、
父親の軽トラックに積んで、自宅まで私一人で運びました。
自宅前で、バイクを下ろす時に女子中学生が、まとわり付いて来ました。
新古車のバイクに興味があるのだろうと思いつつも、
何処か不自然さを感じていました。
その後、近くのガソリンスタンドで給油し、
バイク保険代理店へ向いました。


3_自宅を出て、10分程でバイク保険代理店に着き、
バイクを降りた時に、燃料コックからのガソリン漏れに気づきました。
とりあえず、保険契約を終え、近くのバイクショップへ向いました。
(便宜上、ガソリン漏れ発生箇所をバイク保険代理店と・・・。)
もし、途中でガソリンに引火したら・・・。
今だったら、そこで、レ△ドバ△ンを呼んでいるのでしょうけど・・・。



4_保険代理店を出て、3分程で近くのバイクショップに着き、
店員さんに相談したところ、レ△ドバ△ンとの交渉を勧められました。
当然ですね。
当時は若く、また、少し混乱していました。
このバイクショップはレ△ドバ△ンから、バイクで1時間程の距離です。


5_レ△ドバ△ンに電話すると、
「今、人手が無く、バイクを取りに行けない」と、電話を切られてしまった。
バイク購入時の担当者も、この時、不在でした。
どのように考えても、方法は一つしか有りません。
再び、レ△ドバ△ンに電話し、以下の事を店員に伝えました。
「ここのバイクショップにバイクを預けます。」
「後日、このバイクを取りに来て下さい。」
「ガソリン漏れの修理も・・・」
ついでに、
「ガソリンタンクの交換も・・・」
これは、ガソリン漏れとは無関係ですが、
あまりの不誠実な対応で、腹の虫が治まらなかった為・・・。
これは、水滴を1滴落としたような、厚さ1mmの塗装の盛り上がりが有り、
今回の逆切れ的対応が無ければ、クレームを付けなかった問題です。
今、思うと、公安警察による「塗装ミス」を装った、
「地味な嫌がらせ」だと解ります。


6_新古車のCBX750cc
ホントはCB750ccの新車が欲しかったのだが、
1986年前後の数年間は新車製造中止していた事と、
不人気車で価格が安かった為、CBX750ccを購入した。
買い手がつかず、ショップに展示していたバイクで、
年式は古いが、車両登録をしていない為、新古車と・・・。
燃料コックのシール材が、経年劣化していた事は不自然では無いが、
ガソリン漏れの偽装目的だろう。
レ△ドバ△ンの電話の相手は、その対応ぶりからして、
工作員に間違いない。


7_加害者について。
_1_レ△ドバ△ン○○○店_燃料コックのシール材劣化を装ったガソリン漏れを細工した。
_2_公安警察_ガソリン引火工作を計画し、レ△ドバ△ン○○○店に指示した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。