スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧暦の2月22日_西暦の3月14日_アインシュタインの誕生日*「日本の陰謀」さん*

旧暦の2月22日_西暦の3月14日_アインシュタインの誕生日*「日本の陰謀」さん*



******「日本の陰謀」より抜粋******

アインシュタインも日本人だった
http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p042.html#page282

ここまでの話であれば、外国のことであり、そっとしておこうと思った。
ところが、編集作業でアインシュタインの誕生日が1879年3月14日、
その旧暦が2月22日で上記の事件と重なっていることに気付いた。

■ アインシュタインも日本人だった

アインシュタインはユダヤ人だ。
ひょっとして、このユダヤ人処刑事件はアインシュタインと関係あるのではないかと疑った。
この事件の前後、
アインシュタインはアメリカ海軍省兵器局の顧問に就任し、魚雷の起爆装置の開発に従事した。

アインシュタインの旧暦の誕生日に脅しをかけたことは間違いあるまい。
だが、アインシュタインがその脅迫を理解しないと意味がない。
だから、脅迫者は、アインシュタインが日本の暦を理解することを知っていたことになる。

アインシュタインの西暦の誕生日は3月14日で、旧暦の3月14日は、元禄赤穂事件の起こった日だ。
この時代の西洋の日本人は、日本の日付は旧暦を用いることが多い。
ここまで一致すると日本人に間違いないだろう。
しかし、どこまで日本人が出てくるのか、何か空恐ろしい。



■ 日本人は物まねがうまいと言う「逆転」陰謀
http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p046.html#page302

日本人は異文化・外国の技術を取り込んで、独自の工夫を重ねて実用的な物にすることに優れていると言われる。
だが、世界の歴史を検証すると、工業技術に関する日本の絶妙な陰謀が見えてくる。
この陰謀の底辺にあるのが、徳川幕府の「橋を叩いても渡らない」完全陰謀政策にある。

江戸時代以前から日本は世界中に秘密の移民を送り込んだ。
目的は、「金目の物」の収奪にあった。
だが、時代とともに、「技術」が大きな財産になってきた。
徳川幕府は、技術の開発に執着したが、
「火薬」、「化学薬品」、「医学」、「薬学」、「蒸気船」、「蒸気機関車」、「航空機」、「原子力技術」、「宇宙開発」など、
危険が大き過ぎ、完璧主義を貫く徳川幕府では手に負えない。

そこで、考え付いたのが、技術者と金を送り込み、命がけの研究・実験を行なわせる方策だった。
命を落とした「御庭番」も多かったはずだ。
その中で、最も成功したのが、ノーベルだろう。

だが、表面上はノーベル個人の莫大な資産をどう処理していいのか、徳川幕府は悩んだ。
その解決策が、相続人を作らず、遺産の莫大な生前贈与を行ない、
それでも発生する財産は、ノーベル財団の法人資産とすることだった。
これで、財産は全て管理下に置けた。

******「日本の陰謀」より抜粋******



ゆだや地下政府は、ノーベルもアインシュタインも利用した?。
と言うことは、ノーベル賞もインチキだ。
・・・・・・
また一つ、謎が解けた。
・・・・・・
被害者面をして・・・。
弱腰外交を演じさせて・・・。
煙幕を張りながら、世界を陰からコントロールしている・・・。
・・・・・・
徳川幕府。
ゆだや地下政府。
サンヘドリン。
・・・・・・
外見が違うだけで、中身は一緒?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。