スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほめ殺し工作[2]サッカー編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

ほめ殺し工作[2]サッカー編*ま△もと小学校_ナ△ムラ先生*

1973年の出来事です。
私は小学生でした。


体育の授業で、その日はサッカーの紅白戦形式でした。
私はスポーツは苦手ですが、
相手方のボールが次にどの辺りに来るのかは、何となく解りました。
その日も、ボールの落下地点に先回りして、
ボールを押し返す動きを数回やっていました。
・・・・・・
その後、ナ△ムラ先生がその事を、
皆の前で誉めてくれました。
ニヤニヤしながら・・・。

(私の心の声 : 「先生、そんなに誉められると恥ずかしい!」)


これは、公安警察主導による「ほめ殺し工作」でした。
その特徴は、ニヤニヤしながら誉める事です。
また、必要以上に誉める。不自然なくらい。
クラスメートの前で誉める事で、ターゲットだけに解る嫌がらせ。

・・・・・・
こんな加害工作、指摘出来る訳が有りません。
例えば、こんな感じに・・・。
私 : 「先生、それは嫌がらせですヨ!」
先生 : 「何を言っているんだ、誉めているんじゃないか・・・」
私 : 「・・・・・・」
・・・・・・

こんな手口を考えた奴は、天才?。基地外?。


加害者について。
1_クラス担任のナ△ムラ先生_サッカーほめ殺し工作の実行役。
2_公安警察_サッカーほめ殺し工作のシナリオを書き、ナ△ムラ先生に指示した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。