スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[物損事故工作_カ△バタ_ム△ミと女性ドライバーA]


2012.09.23

私は、1988年11月~1993年4月まで、
こ△えいシビル_エンジニアリングに勤務していました。
その間の出来事です。


[物損事故工作_カ△バタ_ム△ミと女性ドライバーA]
http://mkgro.com/1988_1993/K_M3.htm

1_加害場所_会社の駐車場入口_こ△えいシビル_エンジニアリング  
2_加害者_カ△バタ_ム△ミ_こ△えいシビル社員。
3_加害者_私の車を煽り、事故を誘発した、後続車の女性ドライバーA。



[物損事故工作の実行役_カ△バタ_ム△ミ]










[物損事故工作の実行役_後続車の女性ドライバーA]

1_顔写真は有りません。また、顔の記憶も残っていません。

2_当時の年齢は、25歳位。身長160cm位。体55kg重位。

3_住所は、旧・伊△院町_私の自宅の隣町。

4_白色のマークⅡ。2000cc?。





私は、1988年11月~1993年4月まで、

こ△えいシビル_エンジニアリングに勤務していました。


・・・・・・


その日も、残業前の腹ごしらえの為に、一人で外食に出ました。

PM5:30~PM6:30の食事休憩だったと、記憶しています。

また、一人で食事に出たと言う事は、

既に、社内での孤立化工作が始まっていた事を意味します。



・・・・・・



入社して1・2年は、多くの社員から偶然を装った嫌がらせを受け、

数人の善意を装った工作員と、親しくする事となります。

入社後、1・2年が経過すると、

その[善意を装った工作員]の態度も一変し、完全孤立化となります。

これは、過去の私の経験より・・・。

恐らく、マニュアル化された、組織犯罪の手口だと思われます。

この時には、[孤立化が完了していた]と、言った方が正確かも知れません。



・・・・・・



会社から車で10分程の場所にある喫茶店で夕食を摂り、

会社へ戻る途中で、後続車の女性ドライバーAが、

私の車を煽って来ました。



・・・・・・



[物損事故工作]として、故意に私の車を煽り、

事故を誘発する事が、その狙いですが、

そんな犯罪組織の存在なんて、想像もしませんから、

後続車の女性ドライバーAが、何かの急用で気持ちに余裕が無く、

単純に道を急いでいるだけだ、との認識でいました。



・・・・・・



道幅が狭いのに、私の車を煽って来た事を不可解に感じながらも、

会社まで500m程の場所でしたし、私の車は軽で、

後続車より小回りも効き、慣れた道だったので、

加速して引き離すつもりでした。

そしたら、後続車も物凄い勢いで追走してきて、

結局、後続車との車間を広げる事が出来ないまま、

会社の駐車場入口へ。



・・・・・・



会社の駐車場入口は急勾配の坂道の為、

アクセルを踏んだタイミングで、

カ△バタ_ム△ミが、私の視界に飛び込んできて、急ブレーキ。

後続車が私の車に追突した。



・・・・・・



その衝撃は小さく、身体的外傷も全く無い。

バックライト(10cmX5cm)に縦のヒビが入った。

バンパーに、長さ5cm程のキズが入った。

(私としては、全く気にならない程度のキズ。)



・・・・・・



示談処理にして、後で面倒な事になると困るので、

女性ドライバーAと相談したら、保険で支払うとの事で、

警察に電話をするように伝えた。

10分後に、お巡りさん一人がバイクで来て、

物損事故としての事故処理をした。

後日、保険会社に書類を受取に行き、

車の修理代金支払いの代わりに、その書類を提出した。


・・・・・・


この加害工作による、私の金銭的損失は全く無し。

保険会社へ1回行った事による、時間的損失。

車の損傷は小さいのに、それに比べて、

精神的ダメージは大きかった。

この組織犯罪加害者の狙い通りだった様だ。


・・・・・・


車屋さんは、修理の仕事にあり付けた。

保険屋さんも、契約者の掛け金を使う為、金銭的損失がある訳ではない。

被害者にとっては、バカバカしい三文芝居なのだが、

警察にとっては、裏金作りの為に、必要な組織犯罪なのだろう。



・・・・・・



カ△バタ_ム△ミは、その日の仕事を終え、

退社の為に、駐車場に差し掛かった瞬間だった。

この事故に責任を感じた、カ△バタ_ム△ミは、

私に声を掛けてきたが、私は退社を促した。

([あなたの責任ではないから]と・・・。)



・・・・・・



その後、今回の事故処理に関係するトラブルは、全く無かった。

また、その後の20年間に、物損事故を数回経験する事になるのだが、

全て、組織犯罪によるものだった。

最も悪質だった事故は、私の車の右側面へ故意に衝突させて、

私への傷害を狙ったものだが、その記事はまた後日・・・。



・・・・・・



この時は、私が経験した、初めての物損事故で、

車両の損傷は小さかったが、精神的ダメージは大きかった。

その時は、必死に平静を装っていたが、

女性ドライバーAは、事前に心の準備でも出来ているかの様に、

全く、動揺していなかった。

私は、過去の経験から、こんな時でも相手を観察する事を怠らない。

女性ドライバーAも工作員に間違いない。


・・・・・・


ハイテクを使った、マインドコントロールの可能性も有るのだが、

女性ドライバーAの意思による、加害車両操作の場合、

この工作員の運転テクニックは、かなり高い事になる。

私の加速に合わせて、追走してきた時の感覚は、

今でも、覚えている。

その直後に、急ブレーキを掛けて、バンパーにチョコンと当てたのだ。



・・・・・・



このお巡りさんも、加害者に間違い無いのだが、

お巡りさんの到着時刻も、早過ぎず、遅過ぎず、不審では無かった。

また、他に、不自然さは感じなかった。



・・・・・・



カ△バタ_ム△ミの、通過タイミングは(加害工作として)

完璧なのだが、駐車場近くに、他の協力者がいて、

そのタイミングを合図している様な気配は、感じなかった。

携帯電話も、普及していない時代だったし・・・。

私が食事をした喫茶店からの、電話連絡により待機していた?。

ハイテクを使った、マインドコントロールの可能性も有る。



・・・・・・



私は、40年以上も前に、金縛りを数回経験していた。

これは、電磁波を利用し、霊的憑依を偽装したものだ。

一般的に知らされ、[ハイテク]と呼ばれているものは、

闇政府が開発してから、既に50年以上も経過したものだ。

だから、この時の[物損事故工作]のタイミング合わせも、

電磁波を悪用した、マインドコントロールの可能性が有る。



・・・・・・



2012年、暴走車両事故が多発しているのも、

テクノロジー犯罪によるものだ。








  今回の[物損事故工作]の加害者について。  

         

1_カ△バタ_ム△ミ_[物損事故工作]の実行役。

2_女性ドライバーA_[物損事故工作]の実行役。

3_公安警察_[物損事故工作]のシナリオを書き、関係者に指示した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。