スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、約10年前からバイオプレートを使っています。


2013.01.12

私は、約10年前からバイオプレートを使っています。



以下のサイトは、ご参考までに・・・。
バイオプレートの料金や詐欺的かを中心に顎関節症の治療方法に関して書かれたブログ
http://bio.s-teem.com/2012/05/post_152.html



私にとっては、必要な物ですが、
他のヒトにはお勧めしません。
理由は、数十万円もする、その価格です。


私は、約10年前、歯周病悪化により歯槽骨がダメージを受け、
不定愁訴に苦しんでいました。
歯周病の症状は、この頃が最悪で、
その後、快方へ向かい、年内の完治を確信しています。
(完治までに、10年以上必要の様です。)
今月から、胸の痛みの症状が強くなり、
ブロク更新が滞っています。

これは、バイオプレート使用による整体バランスの改善過程の一つで、
この症状を乗り越えれば、完治に一歩近づく為、我慢出来る痛みです。

その当時も、インターネットで調べたり、
自宅近くの歯科医や大学病院の医師にも相談したのですが、
良い治療方法が見つからず、
バイオプレート治療の為に、和歌山県内にある歯科医院へ・・・。
(当時の住居は、今の自宅から、車で40分の場所です。)

今の私なら、バイオプレートの代用品として、
保険の利く、8千円程度の硬質マウスピースを作ると思います。
硬質マウスピースの高さ設定が難しい為、
高さ(5mm)の違うものを、2種類作り経過観察します。
1・2年後の整体バランスの変化に合わせて、
高さの微調整をします。

この頃には、高さ設定の方向性も理解出来ているはずです。
硬質マウスピース_2個_1万6千円。
硬質マウスピース微調整_1個_5千円。
合計2万円強で可能です。

バイオプレートの場合、高さ調節をビスで行い、
それもリアルタイムで、自分自身で出来ます。
でも、その為に、数十万円の支払は・・・。

当時は、歯槽骨のダメージが大きく、
バイオプレート治療よりも先に、
これを改善する事が先決でした。

その改善策として、食後と就寝前のヨーグルト摂取を実践しました。
歯周病菌の抑制に、ヨーグルトの乳酸菌を使いました。
これにより、溶けていた歯槽骨が再生しました。
これで、バイオプレート治療の効果も表れてきた様です。



過去10年で改善した症状は・・・。
顎関節症のアゴの痛みが改善した。
四十肩の痛みが改善した。
背骨の神経圧迫による、右手の指のシビレが改善した。
背骨の神経圧迫による、肝機能が改善した。
(以前は、500mmLの缶ビール1本で酔いがまわっていた、今は、酔わない。)
便秘が少し改善した。(完治ではないが・・・。)

・・・・・・

常に、息苦しい。胸が痛い。
この症状は、10年以上続いている。
今月からは、さらに痛みが増した・・・。
でも、トンネルの出口が見えている為・・・。

・・・・・・

小学生?か中学生?の時の身体測定で、
私の肺活量は他のヒトの半分だった。
いくら頑張っても、ダメだった。
何故、自分だけが?・・・。
ずっと疑問に思っていたのだが、
私の、咬み合わせが原因だった。

私の場合は、[受け口]をイメージし、
これとは逆のタイプだ。
この改善の為に、
バイオプレートや
硬質マウスピースを使うのだ。
イメージ図が無いと、解り難いね・・・。
この続きは、また後日。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fjr1300pa

Author:fjr1300pa


C10051140761.gif







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。